FC2ブログ

<新刊紹介> 佐伯哲也著『朝倉氏の城郭と合戦 -図説日本の城郭シリーズ15-』

 本会会員の佐伯哲也氏が表題著書を上梓されました。「図説日本の城郭シリーズ15」として、朝倉氏の城郭に焦点を当てた一書です。
(なお、佐伯氏は同シリーズ5で「戦国の北陸動乱と城郭」も執筆されています。)
 本書の構成は次のとおりです。
   総 説 越前朝倉氏戦いの軌跡
   第1章 本拠・一乗谷と周辺の城郭
   第2章 朝倉一族と家臣の城郭
   第3章 朝倉・織田氏に翻弄された若狭国衆の城郭
   第4章 朝倉氏が国外遠征で築いた城郭
   第5章 織田軍との抗争と城郭
   第6章 越前一向一揆時代の城郭
   第7章 織豊政権時代の城郭
 総説では、朝倉氏の戦いに関する歴史経緯をひもといて、そのなかで関連城郭がどのような位置付けにあるかが解説されます。そして1~7章で個々の城郭の詳細が紹介されるという構成です。朝倉氏が築いた中世城館および一向一揆や織田軍との戦いの中で築かれた城郭から51城が取り上げられています。
 個々の城郭については、立地、城主・城歴、城の構造の詳しい記述とともに、城の現状や登城路・登城難易度にも触れられ、現地を訪れたいと思う城郭ファンに配慮されています。また、著者自身の手による縄張図と、多数掲載されている写真によっても理解を深めることができます(※ちなみに、城郭調査=縄張図作成を信条とする著者は、写真を撮影しないため、本書に掲載する写真撮影のために丸1年を費やしたとのこと)。巻末には、朝倉氏の城郭と合戦の略年表が付されています。
 佐伯氏の著作といえば、これまで8冊刊行されてきた中世城郭図面集シリーズがありますが、本書はビジュアルに富み、解説も詳細な内容を盛り込みつつ一般の方により読みやすい構成となっています。
 富山に住む著者が、遠く越前や近江の城郭ひとつひとつを丹念に調査されてきた労力と諸々の負担を想うと驚嘆するばかりです。ここに紹介させていただくことで、一人でも多くの方が目にされることを願います。
(A5版 310頁 2,800円+税 2021年1月8日発行 戎光祥出版)
(野垣好史)

佐伯さん
スポンサーサイト



令和3年度総会について

 師走の候、ますます御清祥の事とお慶び申しあげます。
 日頃より、当会の事業に格別のご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
 さて、今般の新型コロナウィルス感染拡大防止を踏まえ、当幹事会では、例年1月末から2月初旬に開催しております総会の集まりについて中止とすること致しました。
 来春の暖かくなってから、コロナ禍が落ち着くようでしたら、改めて幹事会を開き、活動計画の見直し、研究発表会と臨時総会などを検討したいと思います。
 つきましては、会員の皆様に1月中に総会資料を郵送し、各議案についてお諮りいたします。
 総会資料に同封する返信用はがきに、承認・否認、ご意見をご記入いただけるよう準備いたします。
 本来ならば総会を開催し、ご意見をいただくところですが、3密を避けるため総会の集まりを自粛し、書面での回答を集約し結論を出したいと考えております。何卒、ご理解賜ります様お願い申し上げます 。
 会員の皆様にはコロナ禍の収束を願いつつ、お見舞い申し上げますとともに、ご多幸を祈念いたします。

令和2年12月
富山考古学会会長 山本 正敏

まいぶんKAN冬季企画展 「朝日町の縄文時代 -発掘から35年- 境A遺跡」展

朝日町埋蔵文化財保存活用施設 まいぶんKANでは冬期企画展「朝日町の縄文時代 -発掘から35年- 境A遺跡」展が令和3年3月21日(日)まで開催されています。

 境A遺跡は、昭和59年・60年に発掘調査された縄文時代の集落遺跡です。この遺跡では、縄文時代中期から晩期にわたって集落が営なまれていました。豊かな暮らしをものがたる沢山の縄文土器や石器、食糧となった動物・魚類の骨、大きなクリの木の柱などの出土のほか、繁栄の原動力となったヒスイ製品や膨大な量の磨製石斧が見つかっています。本展では50点余りの出土品を展示して、境A遺跡をご紹介します。
会  期;令和2年12月19日(土)から令和3年3月21日(日)
休 館 日;毎週火曜日(2月23日は開館し翌日休館)、年末年始
入 館 料;200円(企画展・常設展共通)、高校生以下無料、団体(20人以上)120円
時  間;9:00~16:30(最終入館は16:00)

【会期中のイベント】  
〈ヒスイ玉作り講演会〉
日  時;3月7日(日)13:30~14:20
会  場;朝日町図書館会議室(朝日町沼保969)
講  師;岡本淳一郎氏(富山県埋蔵文化財センター所長代理・本会幹事)
入館料等;要予約、定員35人、無料
申込先はまいぶんKAN(0765-83-0118)

〈縄文土器の鈴を作ろう!〉
日  時;第1回 2月13日(土)、第2回3月14日(日)、13:00~14:00
会  場;まいぶんKAN体験室
講  師;まいぶんKAN学芸員
料 金 等;要予約、定員5組(15人まで)、500円
申込先はまいぶんKAN
※土器は焼かずに当日持ち帰りできます。当日持ち物はお問い合わせください。

〈学芸員による展示解説会〉
日  時;第1回12月19日(土)、第2回2月21日(日)、第3回3月6日(土) 各日14:00~
     ※1 当日30分前から受付にて申込み(入館料が必要です)
     ※2 多数の場合はお断りすることがあります。
     ※3 新型コロナウイルス感染症の予防のため、マスクを着用ください。また、体調のすぐれない方は参加をご遠慮ください。社会情勢により、計画が変更・中止となる場合があります。
     ※4 受付にてご連絡先をうかがいます。ご協力をお願いします。

【問合せ先】朝日町埋蔵文化財保存活用施設 まいぶんKAN ☎0765-83-0118

境A遺跡展チラシ-1

境A遺跡展チラシ-2

「とやま発掘最前線 -令和2年度調査成果報告会」の開催について

富山県文化振興財団埋蔵文化財調査課による「とやま発掘最前線 -令和2年度調査成果報告会-」が令和3年3月20日(土)に富山県民会館304号室で開催されます。

日  時;令和3年3月20日(土) 13:30~15:30(開場13:00)
会  場;富山県民会館 304号室
内  容;・高岡市中曽根遺跡
     ・射水市南太閤山Ⅰ遺跡
      ※遺跡から出土した遺物も展示。
定  員;80名(要申込)
料  金;無料
申込方法;(1)はがきにて
      はがきに①申込者氏名(ふりがな)、②郵便番号・住所、③電話番号を記入し、下記へ送付ください。
      〒930-0887 富山県富山市五福4384番1号
       (公財)富山県文化振興財団埋蔵文化財調査課
     (2)ホームページから
      富山県文化振興財団埋蔵文化財調査課の申込フォームから申込みください。
      http://toyama-maibunji.com/
【問合せ先】富山県文化振興財団埋蔵文化財調査課 ☎076-442-4229
R2_チラシ両面-1

R2_チラシ両面-2

特別展「ミイラ」展の開催について

 富山県民会館美術館では、チューリップテレビ開局30周年記念 特別展「ミイラ」展が開催されます。


 ミイラには多くの人々を惹きつける力があり、その根源にあるものは、遠い昔に亡くなった人の「姿」がそのまま残っていることに対する驚きではないでしょうか?また、昨今の科学技術の進歩によって、ミイラから引き出すことのできる情報も飛躍的に多くなり、学問的な関心も高まっています。
 本展は自然にミイラとなったものから人工的につくられたミイラまで、南米、エジプト、ヨーロッパ、オセアニア、日本からミイラ43体を副葬品も交えて展示。最新科学によって明らかになったミイラの実像、ミイラの文化的・学術的価値、そして人類がもつ多様な死生観と身体観を紹介する、これまでにないミイラを科学する展覧会です。富山県民会館ホームページより)


日  時;令和3年1月15日(金)~3月26日
開催時間;平日9:00~16:30、土日祝日9:00~17:00
会  場;富山県民会館美術館
主  催;チューリップテレビ、(公財)富山県文化振興財団 富山県民会館
料  金;一般・大学生=1,400円(前売券)、1,600円(当日券)
     小・中・高校生=  800円(前売券)、1,000円(当日券)
公式ホームページ;https://www.tulip-tv.co.jp/miira2021/ (詳細情報はこちらからご確認ください)

〔関連イベント〕
「特別展ミイラ」開幕記念講演会
【午前の部】
日  時;令和3年1月16日(土) 10:00から
テ ー マ;ミイラ展の概要とアンデスのミイラ
講  師;篠田 謙一氏(国立科学博物館副館長 兼人類研究部長)

【午後の部】
日  時;令和3年1月16日(土) 14:00から
テ ー マ;世界のみいら 最新研究と課題
講  師;坂上 和弘氏(国立科学博物館 人類研究部・人類史研究グループ長)

場  所;富山県民会館304号室
定  員;各回100名
申込方法;
往復はがきに住所・氏名・年齢・電話番号・ご希望の回(午前の部・午後の部)を記入して申込み。
     (宛先)〒930-8539 
富山市奥田本町8番24号チューリップテレビ
         「特別展ミイラ」開幕記念講演会係
締  切;令和3年1月8日(金)必着
※詳細は公式ホームページよりご確認ください。

【問合せ先】チューリップテレビ事業部 ☎076-444-8888

北陸城館研究会見学会「白石山城の見学」の開催について

 北陸城郭研究会見学会が下記のとおり開催されます。

 参加資格は全くありません。自由な参加です。一人でも多く参加していただけることを熱望します。なお今回は『名城を歩く福井編』執筆者との合同見学会です。御多忙とは思いますが、一人でも多くの参加を心からお待ちしております。

日  時;令和2年12月12日(土) 9:30~11:30
見学城郭;白石山城(福井県高浜町馬居寺)
集合場所;本光山馬居寺(福井県高浜町馬居寺 国重文馬頭観音あり)
     駐車場 9:00
案 内 人;佐伯哲也氏(本会会員)
そ の 他;小雨決行

【問合せ先】
 北陸城館研究会 佐伯哲也氏 076-429-8243


特別展「氷見の郷の古代 -飛鳥・奈良・平安-」展の開催について


 氷見市立博物館では、特別展「氷見の郷の古代 -飛鳥・奈良・平安」展が開催されます。

 古代の氷見は越中国射水郡に属し、現在の氷見市域には阿努郷、宇納郷、古江郷、布西郷の四つの郷がありました。
 このうち阿努郷を本拠地とし、8世紀半ばには射水郡の大領として『万葉集』にその名がみえるのが安努君広嶋です。安努君氏は氏寺として氷見市小窪に瓦葺きの伽藍を備えた古代寺院を建立したとされ、また氷見市域を越えて他の郷に進出していたことでも知られます。
 こうした飛鳥時代から奈良時代、平安時代の氷見を知る手掛かりとなるのが、市内に154か所ある古代の遺跡です。特に平成13年以降、能越自動車道建設などに伴って実施された大規模発掘調査では、古代に関しても多くの発見がありました。
 今回の特別展では、そうした大規模発掘で出土した考古資料や館蔵資料を通じて、古代の氷見を紹介します。
〔チラシより〕

会 期;令和2年10月16日(金)~11月8日(日)
会 場;氷見市立博物館 特別展示室
観覧料;無料
開場時間; 9:00~17:00
休館日;月曜日(10月19・26、11月2日)

【資料解説会】
日 時;10月17日(土) 14:00から
参加自由
※1 入館にあたっては新型コロナウィルス感染予防対策にご協力ください。
※2 状況により内容が変更・中止になる場合があります。


【問合せ先】
 氷見市立博物館 0766-74-8231
 ホームページ;https://www.city.himi.toyama.jp/section/museum/
氷見の郷の古代チラシ-1  

氷見の郷の古代チラシ-2


プロフィール

富山考古学会

Author:富山考古学会
1949年に設立。会の目的は、おもに富山県の考古学調査と研究、考古資料をはじめとする文化財の保存と継承、そして新人の指導。学会誌『大境』と連絡紙を発行。シンポジウムなどの研究活動、遺跡整備事業などに貢献。2008年、文部科学大臣表彰を受章。2011年、日本学術会議協力学術研究団体に指定。
※写真は氷見市大境洞窟(国史跡) [氷見市立博物館蔵]

最新記事

最新コメント

メールフォーム

富山考古学会および当ホームページにご意見や考古学情報をお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

富山の天気

FC2カウンター