富山市婦中安田城跡歴史の広場 歴史講座「中世城館の情報連絡について ―富山市のお城を中心として―」の開催について

 富山市婦中安田城跡歴史の広場では、歴史講座「中世城館の情報連絡について ―富山市のお城を中心として―」が開催されます。

日 時;平成30年6月19日(火) 10:00~12:00
会 場;富山市婦中安田城歴史の広場 安田城跡資料館
講 師;佐伯哲也氏(北陸城郭研究会会長、本会会員
参加費;無料・申込不要
 また、ミニ企画展「秀吉の越中出陣前後の婦中 ―白鳥城・安田城・大峪城・安養坊砦、そして富山城―」が平成30年7月1日(日)まで開催されています。

【問い合せ先】
富山市教育委員会埋蔵文化財センター 076-465-2146
HP:http://www.city.toyama.toyama.jp/etc/maibun/yasuda/top.htm



安田歴史講座
スポンサーサイト

北代縄文館ミニ企画展「捨て場からみえる縄文人の暮らし」の開催ついて

 富山市北代縄文館では、ミニ企画展「捨て場からみえる縄文人の暮らし」が開催されます。

 富山市浜黒崎野田・平榎遺跡では、縄文時代後~晩期(約3,500年前)に形成された土器捨て場がみつかりました。川の傾斜を利用し、厚さ2m以上の堆積がみられ、大量の縄文土器、石器類、土製耳飾り、遮光器土偶などが出土しました。
 出土した資料から当時の縄文人の暮らしについて探ります。(チラシより)

会 期;平成30年5月29日(火)~11月25日(日)
会 場;富山市北代縄文広場 北代縄文館
入館料;無料
開館時間;9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日;月曜日(祝日は除く)、祝日の翌日(土曜日・日曜日の場合は開館)
    ※8月13日は臨時開館

【学芸員による展示説明会】
日 時;6月9日(土)10:00から
参加費;無料
申 込;不要

【問い合せ先】
 富山市教育委員会埋蔵文化財センター 076-465-2146
 HP;http://www.city.toyama.toyama.jp/etc/maibun/index.htm


北代ミニ企画展


発掘速報展2018 part1「熊野川流域の古代のくらし」 の開催について

 富山市南部の熊野川流域では、奈良・平安時代(約1,200年前~1,000年前)に大規模な集落が営まれていたことがわかっています。
 今回の速報展では、黒瀬大屋遺跡から出土した「中田」と墨書された土器や、緑釉陶器・灰釉陶器、土錘と、隣接する黒崎種田遺跡から出土した、市内では2例目となる暗文土器を展示します。
 奈良・平安時代に熊野川流域で暮らした人々の生活を物語る貴重な資料です。(チラシより)

日 時;平成30年5月15日(火)~平成30年7月18日(水)
    9:00~17:00(入館は16:30まで)
会 場;富山市考古資料館(富山市民俗民芸村内)
入館料;100円、高校生以下無料

【学芸員による展示説明会】
日 時;平成30年6月30日 10:00~
事前申込不要

【問い合せ先】
 富山市教育委員会埋蔵文化財センター 076-465-2146
 富山市考古資料館 076-433-8634

速報展(考古)

富山の中世を語る会の開催について

富山の中世を語る会が開催されますのでお知らせします。

1 ご挨拶
 富山の中世を語る会は、文献・考古・縄張り研究の研究者が官民の垣根を取り払って集合し、自由に意見交換できることを目的として設立しました。参加資格はまったくありません。興味ある方は誰でも参加できます。
 今回は富山を代表する女性歴史研究家のお二人にお願いしました。これをきっかけとして一人でも多くの歴女の方々に参加していただき、女性歴史ファンが増えることを望みます。

2 開催日時・場所
①開催日時  平成30年6月7日(木) 19:00~21:00
②開催場所  富山県総合体育センター小研修室(富山空港隣り) 
           076-429-5455

3 発表内容
①朝日町の縄文時代        川端典子氏(朝日町まいぶんKAN学芸員)
②女性目線で見たお城歩きの楽しさ 柄崎文枝氏(ゆひもや代表)

4 連絡先
佐伯哲也宅 076-429-8243
5 参加費用
申し訳ありませんが、会議室・機材使用料として、1人300円を徴収します。

富山市郷土博物館 企画展「神保の城 佐々の城」の開催について

 富山市郷土博物館では企画展「神保の城 佐々の城」が開催されます。

 本展では、知られざる富山市内の戦国城館について、発掘調査で出土した遺物を中心に古文書も用いて紹介します。本展が戦国時代の富山へ思いを馳せるきっかけとなれば幸いです。
(チラシより)

会 期;平成30年4月21日(土)~6月24日(日)
会館時間;9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日;5月9日(水)
観覧料;大人210円、高校生以下は無料
【展示解説会】
 5月13日(日)、6月2日(日)、6月24日(日)の14:00から

【関連企画展】
 安田城跡資料館ミニ企画展
  「秀吉の越中出陣前後の婦中」
  -白鳥城・安田城・大峪城・安養坊砦、そして富山城-」


【問い合わせ】
 富山市郷土博物館
  TEL;076-432-7911
  HP;http://www.city.toyama.toyama.jp/etc/muse/

城館 チラシ 表 L

城館 チラシ 裏 L

氷見市立博物館 特別展「中世の氷見を訪ねる -暮らしと祈りの世界-」の開催について

 氷見市街地のルーツは、鎌倉時代末期にまでさかのぼると考えられ、約660年前の南北朝期の史料には、湊川をはさんで「北市」と「南宿」の二つのまちがあったことが記されています。
 中世の氷見を知ることは、今の氷見を知ることにつながります。仏像・絵画・石造物・考古資料など、さまざまな文化遺産を通して、中世の氷見を紹介します。
(チラシより)

会 期;平成30年3月2日(金)~3月25日(日)
会 場;氷見市立博物館 特別展示室
入場料;無料
休館日;3月5日(月)・3月12日(月)・3月19日(月)

【問い合わせ】
 氷見市立博物館 0766-74-8231
 http://www2.city.himi.toyama.jp/museum/
中世の氷見を訪ねるチラシ-1
中世の氷見を訪ねるチラシ-2

とやま発掘最前線4th-平成29年度調査成果報告会―の開催について

 (公財)富山県文化振興財団埋蔵文化財調査事務所では、平成29年度の調査成果報告会として「とやま発掘最前線4th-平成29年度調査成果報告会―」を開催します。  平成29年度事業としまして、富山市内の3遺跡の発掘調査事業と5遺跡の遺物整理事業が実施され、主な調査の成果を担当者が、わかりやすく解説します。また、出土品の一部も公開します。

日 時;平成30年3月17日(土)13:30~15:30(開場13:00)
場 所;富山県民会館611号室

内 容;発掘調査事業
    ・平榎亀田遺跡ほか(富山市、縄文~近世)
    遺物整理事業
    ・布尻遺跡(富山市、縄文)
入場料:無料(申し込み不要)

【問い合わせ】
 公益財団法人富山県文化振興財団埋蔵文化財調査事務所
 076-442-4229
 http://toyama-maibunji.com/


H29tirashi-1.jpg
H29tirashi-2.jpg

プロフィール

富山考古学会

Author:富山考古学会
1949年に設立。会の目的は、おもに富山県の考古学調査と研究、考古資料をはじめとする文化財の保存と継承、そして新人の指導。学会誌『大境』と連絡紙を発行。シンポジウムなどの研究活動、遺跡整備事業などに貢献。2008年、文部科学大臣表彰を受章。2011年、日本学術会議協力学術研究団体に指定。
※写真は氷見市大境洞窟(国史跡) [氷見市立博物館蔵]

最新記事

最新コメント

メールフォーム

富山考古学会および当ホームページにご意見や考古学情報をお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

富山の天気

FC2カウンター