企画展「滑川の製鉄遺跡」の開催について

 滑川市立博物館では、企画展「滑川の製鉄遺跡」が開催されます。

 私たちの生活のあらゆる場面で利用され、なくてはならない鉄製品。歴史上、日本において、「鉄」は古墳時代以降に生産されるようになりました。日本全国に生産技術が広まっていく中で、滑川においても安田下水遺跡
やすだしもみずで、古代の一時期に、送風装置である鞴を備えた炉を用いる鉄生産が行われました。この追跡からは製鉄炉の地下構造を示す石組遺構のほか、鞴の羽口(土製の送風管)や大きな鉄滓(製錬の際に出る不純物の塊)が出土しています。
 近世にも、山陰地方から技術を導入して本格的な「たたら製鉄」が行われたことが史料から判明していましたが、東金屋においてその遺跡が発見されました。発掘調査の結果、製鉄炉の地下構造が残っており、史料を裏付ける貴重な遺構であることがわかりました。滑川においてこのように鉄生産が行われるのは、原料となる富山湾岸の豊富な浜砂鉄と運搬手段、地盤等の立地条件、鉄づくりに必要な木炭を得るための山林資源の存在という諸条件が揃っていたためと考えられます。
 本展示では、このような滑川の鉄生産がどのようなものであったかについて、遺跡調査成果を中心に紹介するものです。(チラシより)

会  期;平成29年11月11日~12月24日
会  場;滑川市立博物館 第2常設展示室
開館時間;10:00~18:00(入場は17:30まで)
休 館 日;毎週月曜日および祝日の翌日
入 館 料;無料
【講演会】
日  時;平成29年11月19日(日) 14:00~
演  題;古代の製鉄づくり
講  師;関 清(元富山県埋蔵文化財センター所長)

【イベント】
日  時;平成29年11月23日(木、勤労感謝の日) 10:00~12:00
     平成29年12月2日(土) 10:00~12:00
内  容;江戸時代の砂鉄採取法と砂鉄遊び等体験会
対  象;小学生(要申込)

【問い合わせ】
 滑川市立博物館 076-474-9200
 HP http://www.city.namerikawa.toyama.jp/museum/

seitetsu-1.jpg
seitetsu-2.jpg

スポンサーサイト

第17回 黒川フェスティバル-中世の里、黒川郷を行く- の開催について

 現在史跡整備中の上市黒川遺跡群を中心に黒川良安翁生誕200年記念 第17回黒川フェスティバル-中世の里、黒川郷を行く- が開催されます。(本会後援)
 本年は
北陸における近代医学の祖となった蘭学者「黒川良安」翁の生誕200年を記念講演会、史跡上市黒川遺跡群の見学会は史跡整備を現在実施している黒川上山墓跡が盛土保存がされるため、発掘調査時の様子を見学できる最後の機会となります。

日  時;平成29年11月5日(日) 8:30~15:00
会  場;黒川穴の谷駐車場・史跡上市黒川遺跡群
タイムスケジュール
8:30 “黒川の宝”めぐりウォーク(~12:00)
     会場→黒川良安翁顕彰碑→黒川上山墓跡→円念寺山経塚→伝真興寺跡→穴の谷霊場→会場
      ※1 事前申込不要
      ※2 歩きやすい服装・靴
      ※3 飲料・行動食等は各自持参
9:30 「はなおか窯」炭出し体験
12:00 オープニングセレモニー
13:30 記念講演会「上市町が生んだ偉人 黒川良安先生」
     講師 太田久夫氏(前 富山県郷土史会会長)

004973.jpg  

記念講演会「完全非破壊分析による石器石材研究の最前線 -富山市小竹貝塚出土石器を中心に-」の開催について

 富山市北代縄文広場で、現在開催中のミニ企画展「とやまの石器研究最前線!」の関連行事として、記念講演会「完全非破壊分析による石器石材研究の最前線 -富山市小竹貝塚出土石器を中心に-」および展示解説会が開催されます。

【記念講演会】
日  時;平成29年11月18日(土) 10:00~11:15
会  場;富山市立長岡公民館研修室(富山市長岡9397-1)
講  師;飯塚 義之氏(台湾中央研究院地球科学研究所)
内  容;最新の分析機器を用いて実践している石器石材研究の最前線を紹介。
申込み不要、参加費無料

【展示解説会】
日  時;平成29年11月18日(土) 11:40~12:00
会  場;富山市北代縄文広場(富山市北代3871-1)
講  師;飯塚 義之氏
申込み不要、参加費無料

【問い合わせ先】
富山市北代縄文広場(076-436-3664)
富山市教育委員会埋蔵文化財センター(076-442-4246)
HP http://www.city.toyama.toyama.jp/etc/maibun/

富山市北代縄文広場記念講演会20171118-1
富山市北代縄文広場記念講演会20171118-2

高岡市埋蔵文化財センター特別講演会「邪馬台国時代の高岡と遺跡の活用」の開催について

高岡市は県内随一の弥生~古墳時代の遺跡・古墳(墳墓)が多くあることはご存知と思います。

高岡市埋蔵文化財センターでは、このたびいわゆる邪馬台国時代(弥生後期~古墳前期)の高岡の魅力をお伝えすべく、講演会を開催します。加えて、兵庫県立考古博物館の初代館長に、埋蔵文化財センターの活用方法をお聞きします!

★講演会★
日時:平成29年11月25日(土) 13:30~15:00
会場:高岡市伏木コミュニティセンター 3階多目的ホール
     (富山県高岡市伏木湊町13-1:JR氷見線伏木駅最寄)

タイトル:邪馬台国時代の高岡と遺跡の活用
講師:石野博信氏(兵庫県立考古博物館名誉館長)
講座受講料:無料(先着200名) 
※人数把握のため、生涯学習・文化財課(TEL:0766-20-1463)までお知らせいただくと助かります。

★関連展示★
ミニ企画展 「邪馬台国時代の高岡」
高岡市内から出土した同時代の鏡、鉄器、土器などを展示します。

期間 11月15日(水)~12月24日(日)
会場 高岡市埋蔵文化財センター(旧西広谷小学校)
〒930-0302 富山県高岡市西広谷249 TEL:0766-31-1264
【ミニ企画展開催中も、常設展示をご覧いただけます。】

【問合せ】 高岡市教育委員会 生涯学習・文化財課 0766-20-1463

開館記念講演会チラシ01

富山の中世を語る会開催の案内について

富山の中世を語る会を開催しますのでお知らせします。

1.ご挨拶
  富山の中世を語る会は、文献・考古・縄張り研究の研究者が官民の垣根を取り払って
 集合し、自由に意見を交換できることを目的として設立しました。参加資格はまったくあ
 りません。興味ある方は誰でも参加できます。一人でも多く参加していただき、自由闊達
 な意見交換をしていただくことを望みます。

2.開催日時・場所
  ①開催日時  平成29年11月27日(月) 19:00~21:00
  ②開催場所  富山県総合体育センター小研修室(富山空港隣り) 076-429-5455

3.発表内容
  ①越中松倉城の発掘成果について  的場茂晃 氏(魚津市教育委員会・本会会員)
  ②馬出・惣構の現存遺構について   佐伯哲也 氏(北陸城郭研究会・本会会員)
  ③意見交換・雑談

4.連絡先
  佐伯哲也宅 076-429-8243

5.参加費用
  申し訳ありませんが、会議室・機材使用料として、1人300円を徴収します。

北陸城郭研究会見学会の案内について

北陸城郭研究会見学会が開催されますのでお知らせします。

1 ご案内
 北陸城郭研究会の城郭見学会を、下記の通り開催いたします。会員以外でも参加できます。
一人でも多くの方々の参加をお待ちしております。

2 見学日時
 平成29年10月29日(日) 9:00~11:00 雨天中止(中止は前日の17時の天気予報を見て決定します。)

3 見学場所
 海老瀬城(氷見市余川) リクエストがあれば、午後は希望者のみで近傍の城郭を見学したいと思います。

4 集合場所
 フォレストフォーラル氷見あいやまガーデン(氷見市余川) 8:50

5 案内人
 佐伯 哲也(北陸城郭研究会会長)

6 参加資格
 自己責任がとれる方とします。自己責任のとれない方の参加はお断りします。

7 見学方法
 各人の自由とします。個人で見て歩きたい人、図面を書きたい人、案内人の説明を聞きたい人、
100%個人の自由とします。

8 参加費
 コピー代として30円いただきます。

9 連絡先
 佐伯哲也宅 076-429-8243

「北陸新幹線開業・浜山玉つくり遺跡発掘50周年記念企画 第3回翡翠フォーラムin朝日町」の開催について

1.趣旨
 平成29年に翡翠の加工遺跡として全国的に有名な浜山玉つくり遺跡が発掘50周年をむかえ、一昨年には北陸新幹線が開業しました。これらを記念して平成27年から行われてきた「翡翠フォーラムin朝日町」は、最終年となる今回「古代人の心性と玉文化」をテーマとして開催されます。
 石坂浩二氏(作家・俳優)と加藤宗哉氏(作家・前『三田文学』編集長)による特別対談など多彩な企画が予定されています。

2.日程:平成29年9月23日(土)~24日(日)
     定員:200名(先着順) 事前申し込み不要
     参加費:無料(どなたでも参加できます)

3.概要
○平成29年9月23日(土)  会場:朝日コミュニティーホール アゼリア
   ・15:00~15:05 町長挨拶
   ・15:05~16:30 【特別対談】『西脇順三郎の「宝石の眠り」から』
              特別ゲスト 俳優・作家 石坂浩二氏
              作家・前「三田文学」編集長 加藤宗哉氏

○平成29年9月24日(日)
 【野外学習会】
  集合場所:あいの風とやま鉄道越中宮崎駅前(10:30)〈小雨決行〉
  ※公共交通機関でお越しの方で、午後のフォーラムに参加される方の移動は主催者が行います

   ・10:40~11:40 古代越中国の成立と鹿嶋神社
        鹿嶋神社宮司の九里文子氏・野外調査研究会の藤田富士夫氏

【フォーラム】
  会場:朝日コミュニティーホール アゼリア
・13:15~13:20 開会あいさつ(朝日町中央公民館館長 菅田宣雄氏)
・13:20~13:25 祝辞(朝日町町長 笹原靖直氏)
・13:25~13:35 フォーラムの趣旨
    (野外調査研究会会員・元富山市埋蔵文化財センター所長 藤田富士夫氏)
・13:35~14:35【記念講演】 翡翠文化圏【神話の世界】からみた高志国
     千葉大学名誉教授 三浦佑之氏
・14:35~15:15 万葉人の色彩への関心
      高岡市万葉歴史館主任研究員 田中夏陽子氏
・15:30~16:00 佐吉多萬(埼玉)の万葉集
     万葉集研究者 藤倉明氏
・16:00~16:40 古代越中・越後の国境意識と浜山玉つくり遺跡の成立
     藤田富士夫氏
・16:40~17:10 北陸~関東の翡翠ロードとオオヒコ伝承
     野外調査研究会顧問 吉川國男氏
・17:10~17:20 フォーラムのまとめ
・閉会挨拶   野外調査研究会顧問 吉川國男氏

4.問合せ
・朝日町埋蔵文化財保存活用施設まいぶんKAN ℡0765-83-0118
・野外調査研究会・藤田富士夫 ℡090-3763-1192

主催:朝日町教育委員会、朝日町中央公民館、野外調査研究会(埼玉県)
後援:日本海文化遊学会、富山考古学会、立山・黒部ジオパーク協会、日本玉文化学会、北日本新聞社

プロフィール

富山考古学会

Author:富山考古学会
1949年に設立。会の目的は、おもに富山県の考古学調査と研究、考古資料をはじめとする文化財の保存と継承、そして新人の指導。学会誌『大境』と連絡紙を発行。シンポジウムなどの研究活動、遺跡整備事業などに貢献。2008年、文部科学大臣表彰を受章。2011年、日本学術会議協力学術研究団体に指定。
※写真は氷見市大境洞窟(国史跡) [氷見市立博物館蔵]

最新記事

最新コメント

メールフォーム

富山考古学会および当ホームページにご意見や考古学情報をお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

富山の天気

FC2カウンター