平成29年度第2回富山考古学会例会の開催について

 平成29年度第2回例会としまして平成29年9月23日(土・秋分の日)13:30より現在整理調査中の高岡市江尻南遺跡の遺物見学・検討会を開催します。

江尻南遺跡は、国道8号バイパス江尻交差点の南東側に立地する複合集落遺跡で、縄文時代晩期中葉、弥生時代中期中葉、平安時代末期~鎌倉時代を主体とする遺跡であることが平成28年の発掘調査で判明しました。

特に、弥生時代中期中葉では、土坑群から土器が出土し、詳細な時期はⅢ-2期(岡田2012)、八日市地方7期並行に比定できます。また、緑色凝灰岩を使用した玉作製作に関する遺物も出土しています。

今回の例会では、弥生時代中期中葉の遺物を見学し、遺物群の位置付けを検討します。また、例会終了後、高岡駅前にて懇親会を開催します。是非、ご参加ください。

日  時;平成29年9月23日(土・秋分の日) 13:30~16:30
会  場;株式会社エイ・テック本社(高岡市オフィスパーク12番地)
アクセス;JR戸出駅よりタクシーで10分(約1,000円)
城端線 高岡駅発12:51→戸出着13:04
例会申込み・参加費;不要
懇親会;会場は高岡駅前、会費5,000円程度、申込みはE-mail(
archae.t@gmail.com)にて9/21までご連絡ください。



スポンサーサイト

平成29年度 第1回例会の開催について

 平成29年度 第1回例会を平成29年6月4日(日)13:00より上市町弓の里歴史文化館で開催します。
 弓の里歴史文化館では、企画展「浄土のうつわ」が開催されており、今回の例会では展示解説会および黒川上山墓跡出土蔵骨器の検討会を実施します。企画展内容はこちらからご確認ください。

 日 時;平成29年6月4日(日) 13:00~15:00
 会 場;弓の里歴史文化館(上市町舘182)
 内 容;弓の里歴史文化館企画展「浄土のうつわ」展示解説会
     黒川上山墓跡出土蔵骨器検討会
 申込み;不要、参加費無料

【問い合わせ先】
 富山考古学会 
archae.t@gmail.com 


H29第1回例会企画案

日本考古学協会での図書販売員を募集します

 春に予定されている日本考古学協会総会の図書交換会で、会などが発行した図書・報告書等を販売していただける会員を募集します。
担当いただける方には、約13,500円(旅費片道相当分)を助成します。

  ◎期 日;2017年5月28日(日)販売日は1日のみ
  ◎会 場;大正大学西巣鴨キャンパス
       (東京都豊島区西巣鴨3-20-1)
  ◎申し込み期間;5月19日17:00まで
  ◎申し込み方法;事務局まで、口頭・メール等でお願いします。
          E-mail:archae.t@gmail.com


入手可能図書リスト

1.富山考古学会関連図書
書籍名 会員価格 問合せ・申込み先
考古学会機関誌
『大境』
第20,21合併号、第25号 2,000円

会員外のかたは、会員価格+500円です。

 

 

35号は会員外2,000円

第19・26・27・28・30~34号 1,500円
第13・22~24号 1,000円
第29号 1,800円
第35号【最新号2016,3 1,500円
『ふくおかの飛鳥時代を考える』フォーラム資料集  1,000円 事務局 会員外1,500円
富山考古学会連絡紙(復刻版)CD付 2,000円 会員外3,000円
本会 ※送料などはお問い合わせください。



2.関係機関等

書籍名 価格 問合せ・申込み先
「越中と美濃を結ぶ考古展Ⅱ」図録 1,200円

富山市埋蔵文化財センター076-442-4246

富山城二の丸二階櫓門のペーパークラフト 200円
石造物研究会『北陸の石造物―研究の現状と課題―』 2,000円 富山県埋蔵文化財センター久々076-434-2814
北陸中世考古学研究会『北陸における中世前期の開発―湿地・潟・開発者―』 1,800円 富山県埋蔵文化財センター高梨076-434-2814

高岡城跡詳細調査報告書

3,500円

高岡市教委文化財課
0766-20-1463

特別展図録 人びとのいとなみと動物たち―生活・文化・信仰― 500円

氷見市立博物館
0766-74-8231

H26特別展図録 氷見の縄文人―その足跡をたどる― 400円
谷口製瓦における瓦製作道具調査報告書 2,500円 谷口製瓦における瓦製作道具調査会
0766-62-0388(㈱エイ・テック)
※送料などは直接お問い合わせください。

平成29年度総会の開催について

 平成29年度富山考古学会総会を平成29年1月28日(土)13:00より高岡市ウィングウィング高岡503研修室で下記のとおり開催します。出欠につきましては連絡紙の同封のはがきで事務局までお知らせください。

 また、第2部は富山考古学会会員以外も参加できます。

  日  時;平成29年1月28日(土) 13:00~17:00
  場  所;高岡市ウィングウィング高岡 503研修室(あいの風とやま鉄道高岡駅前)
  内  容;第1部 総 会 13:00~13:50 
        平成28年度会務報告
        平成28年度決算・監査報告
        平成29年度活動計画
        その他報告
       第2部 研究報告 14:05~16:40
        久々 忠義氏 「立山黒部山岳遺跡調査について」
        間野  達氏 「越中の(小)金銅仏調査 中間報告」
        他、調整中。 

  懇親会;高岡駅前(会費;5,000円程度)




大境第35号の発刊しました

 機関誌『大境』第35号が完成しました。79ページとなりました。2編の論文、1編の研究ノート、
2編の報告、平成26年度の学会動向を掲載しました。平成27年度会費納入者にまもなく配布しますの
で、未納の方は会費納入をお願いします。
 会員(追加)購入価格は1冊1,500円、一般購入価格は1冊2,000円です。
 この後しばらくしてもお手元に届かない方は、事務局までお問い合わせください。

 また、今週末開催します日本考古学協会 富山考古学会ブースにて販売いたします。


【目 次】

 論 文
  池野 正男
    越中における古代前半の祭祀 -律令祭祀遺物を中心として-
  片山 博道
    双耳壺の変遷と地域性
 研究ノート
  上野  章
    古代の神祇職と神社の調査事例 -小矢部市桜町遺跡出土長岡神社の墨書土器から-
 報 告
  山本 正敏
    魚津産黒曜石の流通(2)
  飯塚義之・古川知明・中村由克
    富山城石垣土塁から出土したネフライト玉石の来源
 動 向
  富山県の考古学動向(平成26年4月~平成27年3月) 

大境35

『大境』第36号“早川コレクション特集”の原稿を募集しています!

 連絡紙245号で案内しましたが、早川清氏からの寄付金による早川コレクション特集を、『大境』36号に掲載する予定です。

 このたび、論文・研究ノートに加え、資料紹介・報告・随想等でも原稿を募集することになりました。この機会にぜひご検討ください。エントリーされる方は、編集委員もしくは事務局までご連絡ください。なお、原稿締切は8月末日です。



プロフィール

富山考古学会

Author:富山考古学会
1949年に設立。会の目的は、おもに富山県の考古学調査と研究、考古資料をはじめとする文化財の保存と継承、そして新人の指導。学会誌『大境』と連絡紙を発行。シンポジウムなどの研究活動、遺跡整備事業などに貢献。2008年、文部科学大臣表彰を受章。2011年、日本学術会議協力学術研究団体に指定。
※写真は氷見市大境洞窟(国史跡) [氷見市立博物館蔵]

最新記事

最新コメント

メールフォーム

富山考古学会および当ホームページにご意見や考古学情報をお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

富山の天気

FC2カウンター