スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大境第35号の発刊しました

 機関誌『大境』第35号が完成しました。79ページとなりました。2編の論文、1編の研究ノート、
2編の報告、平成26年度の学会動向を掲載しました。平成27年度会費納入者にまもなく配布しますの
で、未納の方は会費納入をお願いします。
 会員(追加)購入価格は1冊1,500円、一般購入価格は1冊2,000円です。
 この後しばらくしてもお手元に届かない方は、事務局までお問い合わせください。

 また、今週末開催します日本考古学協会 富山考古学会ブースにて販売いたします。


【目 次】

 論 文
  池野 正男
    越中における古代前半の祭祀 -律令祭祀遺物を中心として-
  片山 博道
    双耳壺の変遷と地域性
 研究ノート
  上野  章
    古代の神祇職と神社の調査事例 -小矢部市桜町遺跡出土長岡神社の墨書土器から-
 報 告
  山本 正敏
    魚津産黒曜石の流通(2)
  飯塚義之・古川知明・中村由克
    富山城石垣土塁から出土したネフライト玉石の来源
 動 向
  富山県の考古学動向(平成26年4月~平成27年3月) 

大境35

スポンサーサイト

『大境』第36号“早川コレクション特集”の原稿を募集しています!

 連絡紙245号で案内しましたが、早川清氏からの寄付金による早川コレクション特集を、『大境』36号に掲載する予定です。

 このたび、論文・研究ノートに加え、資料紹介・報告・随想等でも原稿を募集することになりました。この機会にぜひご検討ください。エントリーされる方は、編集委員もしくは事務局までご連絡ください。なお、原稿締切は8月末日です。


機関誌『大境』第34号を発刊しました

 機関誌『大境』第34号が完成しました。6編の論文、2編の報告、平成25年度の学会動向を掲載しました。136ページ立てです。

【論文】
  池野正男  氷見市加納南9号墳出土の筒形器台と歴史的背景
  上野 章  各地の車輪文等について     
  片山博道  越中における須恵器生産の研究
  岡田一広  奈良平安時代における水運の様相―高岡市東木津遺跡の再検討から―
  三好清超  地方における国分寺の成立に関する一考察―飛騨国分寺跡を事例に―
  古川知明   弥勒菩薩形墓石について―富山県中央部における近世丸彫石仏形墓石の一形態―
【報告】
  盛野成信・久々忠義  古代射水郡条里地割復元図と東大寺領荘園の検討
  久々忠義  富山市婦中町友坂熊野社の石塔
【動向】
  編集委・事務局  富山県の考古学動向(平成25年4月~平成26年3月)  


会員価格  1,500円(送料90円/2冊まで。3冊以上は2冊毎に90円追加)
一般価格  2,000円(同上)                      申し込みは事務局まで





oozakai_34.jpg

『大境』第33号販売のご案内

 機関誌『大境』の最新刊である第33号についてご紹介します。104ページとなりました。1編の追悼、4編の論文、3編の報告、平成23・24年度の学会動向を掲載しました。平成25年度会費納入者にまもなく配布しますので、未納の方は会費納入をお願いします。
会員(追加)購入価格は1冊1,500円、一般購入価格は1冊2,000円です。送料は2冊まで70円、2冊ごとに70円づつ増えます。

-目次-
【追悼】
麻柄一志  日本海への眼差し―森浩一先生を悼む―
 【論文】
上野 章  陶棺について―東北・関東・中部の出土分布―
池野正男  越中古代集落の竪穴建物と掘立柱建物
池野正男  越中古代の鍛冶遺跡と鉄製品
古川知明  常願寺川石工観成について
【報告】
納屋内高史・中沢道彦  富山市吉岡遺跡出土土器に見られたシソ属種子圧痕
宮本哲郎  南砺市刀利地区中河内集落の道場跡と神社跡の紹介
宮本哲郎  立山で見つけた古銭等の紹介
【動向】
編集委・事務局  富山県の考古学動向(平成23年4月~平成25年3月)



機関誌『大境』第33号を発刊しました。

 機関誌『大境』第33号が完成しました。104ページとなりました。1編の追悼、4編の論文、3編の報告、平成23・24年度の学会動向を掲載しました。平成25年度会費納入者にまもなく配布しますので、未納の方は会費納入をお願いします。
 会員(追加)購入価格は1冊1,500円、一般購入価格は1冊2,000円です。 この後しばらくしてもお手元に届かない方は、事務局までお問い合わせください。

-目次-
 【追悼】
  麻柄一志  日本海への眼差し―森浩一先生を悼む―
 【論文】
  上野 章  陶棺について―東北・関東・中部の出土分布―
  池野正男  越中古代集落の竪穴建物と掘立柱建物
  池野正男  越中古代の鍛冶遺跡と鉄製品
  古川知明  常願寺川石工観成について
【報告】
  納屋内高史・中沢道彦  富山市吉岡遺跡出土土器に見られたシソ属種子圧痕
  宮本哲郎  南砺市刀利地区中河内集落の道場跡と神社跡の紹介
  宮本哲郎  立山で見つけた古銭等の紹介
【動向】
  編集委・事務局  富山県の考古学動向(平成23年4月~平成25年3月)



『大境』第32号 間もなく刊行です!

大境第32号は、総ページ120ページ、4編の論文、3編の報告と、平成2122年度の動向を掲載します。

平成24年度会費を充当しておりますので、未納の方は会費納入をお願いします。不明の場合事務局までお尋ねください。

 

【大境第32号の内容】
【論文】

藤田慎一「富山県出土の天王山式土器から見た越後、東北との交流」

上野 章「双耳杯(椀)の分布と変遷を中心にして」

池野正男「越中古代布・絹生産遺跡と性格」

古川知明「常願寺川石工北野甚蔵について」
【報告】
山本正敏「魚津産黒曜石の流通」
久田正弘「富山県における弥生研究の一視点」
西井龍儀「稲葉山中腹、山頂付近の古代遺跡」
【動向】

富山県の考古学動向(平成214月~平成223月)
富山県の考古学動向(平成224月~平成233月)

会費には大境1冊分を含んでいます。

追加での有償頒布は会員1,500円、一般2,000の予定す。


『大境』第33号の原稿を募集します!

投稿予定の方は4月30日まで、編集委員または事務局まで、題名・ページ数(予定)をお知らせください。原稿の提出締め切りは9月末です。
執筆要項はこちらをご覧ください。


プロフィール

富山考古学会

Author:富山考古学会
1949年に設立。会の目的は、おもに富山県の考古学調査と研究、考古資料をはじめとする文化財の保存と継承、そして新人の指導。学会誌『大境』と連絡紙を発行。シンポジウムなどの研究活動、遺跡整備事業などに貢献。2008年、文部科学大臣表彰を受章。2011年、日本学術会議協力学術研究団体に指定。
※写真は氷見市大境洞窟(国史跡) [氷見市立博物館蔵]

最新記事

最新コメント

メールフォーム

富山考古学会および当ホームページにご意見や考古学情報をお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

富山の天気

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。