『富山城下町を掘る -弥生土器から戦前のからつや-』の開催について

 安田城跡資料館では、富山市教育委員会埋蔵文化財センター発掘速報展2017 part2としまして、『富山城下町を掘る -弥生土器から戦前のからつや-』が開催されています。
 富山市総曲輪三丁目地区市街地再開発事業地(旧富山西武跡隣接地)における発掘調査で出土した土器や陶磁器、調査写真パネルを展示します。

日  時;平成29年7月25日(火)~12月3日(日)
会  場;安田城跡資料館(富山市婦中町安田244-1)
開館時間;9:00~17:00(入館は16:30まで)
観覧料;無料
休館日;月曜日・祝日の翌日(祝日の翌日が土日の場合は開館)

【展示解説会】
   日  時;9月15日(金) 10:00~
   申込み不要

【特別講演会】
   日  時;10月15日(日) 10:00~12:00
   内  容;「城下町の陶磁器と生活」
        佐々木達夫氏(金沢大学名誉教授)
【問合せ先】
富山市教育委員会埋蔵文化財センター 0766-442-4246
http://www.city.toyama.toyama.jp/etc/maibun/center.htm
発掘速報展2017part2チラシ最終
スポンサーサイト

北代縄文館ミニ企画展「とやまの石器研究最前線!」の開催について

 台湾の中央研究院地球科学研究所の飯塚義之博士が、史跡北代遺跡や 小竹貝塚から出土した石器について、最新の機器(蛍光X線分析装置 や走査型電子顕微鏡)を用いて分析しました。石器を傷つけることなく、 岩石の種類を科学的に同定することは、考古学研究で今後ますます重要になります。
 本展では、このような石器研究の最前線をご紹介します。(チラシより)


  会 期;平成29年6月6日(火)~12月17日(日)
  会 場;富山市北代縄文広場 北代縄文館
  入館料;無料
  開館時間;9:00~17:00(入館は16:30分まで)
  休館日;月曜日(8月14日は臨時開館)、祝日の翌日(ただし、土・日曜日の場合は開館)



【学芸員による展示解説会】
  日 時;平成29年6月10日(土) 10:00から
  場 所;北代縄文館展示室
  参加費;無料(申込み不要)

【ワークショップ】
 “石器石材の特性を知ろう!”
  日 時;平成29年8月26日(日) 10:00~12:00
  場 所;北代縄文館体験工房
  講 師;富山市科学博物館 増渕主任学芸員


【問い合わせ先】
 富山市埋蔵文化財センター 076-442-4246
 http://www.city.toyama.toyama.jp/etc/maibun/center.htm

とやまの石器研究最前線!展チラシ


「弓の里歴史文化館企画展 浄土のうつわ-黒川上山墓跡出土蔵骨器の世界-」の開催について

 人は死んだらどこへ行くのか―。
 人類は古くから身の周りで起こるさまざまな現象の中でも、とりわけ「死」に対して特別な感情を抱いてきました。この「死」という現象のとらえ方や向き合い方は地域・時代・思想などによってさまざまですが、日本では仏教の伝来以降、死者の魂は主に仏の世界「浄土」へ至るものとされました。
 黒川地内に所在する黒川上山墓跡は、国指定史跡「上市黒川遺跡群」を構成する遺跡のひとつで、鎌倉時代を中心とした大規模な墓地の跡です。墓の大部分は火葬墓で、火葬骨を珠洲焼などの陶器製の壺、いわゆる「蔵骨器」に納めたものが多く見つかっています。これらの蔵骨器は意図的に埋められたことで後世の損壊をまぬがれた優品が多く、葬制史のみならず考古学的・美術史的にも極めて重要な資料となっています。
 今回の企画展では、これまで黒川上山墓跡から出土した蔵骨器=浄土のうつわを一挙に展示し、中世の葬制や当時の人々の思いに迫ります。
 ふるさとの大地に遺された先人の遺産にふれ、あらためて郷土の歴史に思いを馳せていただければ幸いです。(チラシより)


期  間:平成29年3月25日(土)~6月4日(日)
休  館  日:月曜日(月曜日が祝祭日の場合はその翌日)
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
入  館  料:無料
【問い合わせ先】
 上市町教育委員会 076-472-1111
 http://www.town.kamiichi.toyama.jp/


003885-1.jpg

003885-2.jpg

特別展 四角い古墳・丸い古墳 -王墓の時代の氷見- の開催について 


[特別展 四角い古墳・丸い古墳 -王墓の時代の氷見- の開催について ]の続きを読む

特別展 霊峰立山 -立山信仰を探る-

 富山県では平成22年度から5箇年をかけて「立山・黒部山岳遺跡調査」の現地調査を実施し、立山・黒部地域における古代から近代までの主に山岳信仰に関わる遺跡の所在、内容等の実態把握を行いました。
 この特別展では、その調査成果をふまえ、立山とともに日本三霊山と称される白山と富士山の山岳信仰との比較を交えながら、立山信仰のはじまりから広がり、近現代の立山と人々とのかかわりなどについて、発掘調査の出土品や県内の博物館等が所蔵する資料、現地の写真等から紹介します。(チラシより)

  会   期;[前期]平成28年9月16日(金)~11月10日(木)
        [後期]平成28年11月19日(土)~平成29年3月30日(木)
        ※11月12日(土)~17日(木)は展示品一部入れ替えのため臨時休館
  会場;富山県埋蔵文化財センター
  開館時間;9:00~17:00
  記念講演会
    第1回 『山岳信仰の始まりと役行者』
        黒崎 直(大阪府立弥生文化博物館長・富山大学名誉教授・本会会員
        平成28年9月18日(日) 10:00~12:00
    第2回 『立山に見る「救済のこころ」』
        米原 寛氏(越中史壇会会長、元富山県[立山博物館]館長)
        平成28年10月16日(日) 13:30~15:30
    会 場 第1・2回とも富山県立図書館3階 多目的ホール
【問い合せ先】
 富山県埋蔵文化財センター ☎076-434-2814
 http://www.pref.toyama.jp/branches/3041/maibun/index.html

霊峰立山a

霊峰立山b

発掘速報展2016 part1「武家の暮らし 町人の暮らし」の開催について

 富山市安田城跡資料館では、富山市教育委員会埋蔵文化財センター発掘速報展2016part1「武家の暮らし 町人の暮らし」が開催されます。

 2014~2015年度に富山城跡・富山城下町主要部で行った発掘調査で見つかった出土品や写真パネルを展示します。
 武家と町人の暮らしぶりに関する出土品をご覧ください。
(チラシより)

日   時;平成28年7月6日(水)~平成28年11月6日(日)
      9:00~17:00(入館は16:30まで)
場   所;安田城跡資料館(富山市婦中町安田244-1)
観 覧 料;無料
休 館 日;月曜日(祝日の場合は開館)・祝日の翌日

学芸員による展示解説会
 平成28年7月13日(水) 10:00から(申込み不要)

子ども向け展示説明会
 平成28年8月16日(火) 10:00~10:40(申込み不要)


【お問いあわせ】
 安田城跡資料館  076-469-4241
 富山市教育委員会埋蔵文化財センター 076-442-4246
 http://www.city.toyama.toyama.jp/etc/maibun/center.htm

sokuhou2016.jpg

北代縄文館ミニ企画展「北代縄文広場復元建物修理の全貌」の開催について

 北代縄文広場に復元されている、土屋根竪穴住居・茅葺高床倉庫の修理(平成22~28年度)で取り入れた長寿命化改修策のほか、観察等によって明らかになった建物の特徴、縄文人の工夫など紹介します。

 ・会  期;平成28年4月26日(火)~平成29年3月31日(金)
 ・会  場;富山市北代縄文広場 北代縄文館
        〒930-0103 富山市北代3871-1
        TEL:076-436-3664
 ・入 館 料;無料
 ・開館時間;9:00~17:00(入館16:30まで)
 ・休 館 日;月曜日・祝日の翌日・12月28~1月4日
       臨時開館日・休館日はHP等でお知らせします。
 ・展示解説会;平成28年5月14日(土) 10:00から
        申込み不要・参加無料
 ・ホームページ;http://www.city.toyama.toyama.jp/etc/maibun/index.htm

【問い合わせ】
 富山市教育委員会埋蔵文化財センター
 TEL:076-442-4246

北代縄文広場復元建物修理の全貌展


プロフィール

富山考古学会

Author:富山考古学会
1949年に設立。会の目的は、おもに富山県の考古学調査と研究、考古資料をはじめとする文化財の保存と継承、そして新人の指導。学会誌『大境』と連絡紙を発行。シンポジウムなどの研究活動、遺跡整備事業などに貢献。2008年、文部科学大臣表彰を受章。2011年、日本学術会議協力学術研究団体に指定。
※写真は氷見市大境洞窟(国史跡) [氷見市立博物館蔵]

最新記事

最新コメント

メールフォーム

富山考古学会および当ホームページにご意見や考古学情報をお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

富山の天気

FC2カウンター