佐伯哲也著『加賀中世城郭図面集』が刊行されました

 本会会員である佐伯哲也氏の表題著書が刊行された。

 2011年の『越中中世城郭図面集Ⅰ』から数えてシリーズ5冊目となる。

 91の城館が取り上げられ、過去の4冊と同様、すべての城館について縄張図とともに詳しい解説が加えられている。縄張図から読み取れることを中心としつつ、発掘調査や文献も加味した記述となっており、丹念な調査研究がうかがえる。

 「あとがき」には毎回著者の刊行にあたっての思いが率直な言葉で語られるが、本書でも安易な妥協や既往の研究に迎合せず、信念をもって研究を進めたことが述べられている。

一つ一つの城郭について恥ずかしながら論評できる素養がないが、理路整然と、時に大胆に自説を開陳した内容は読みごたえがあり、著者の見識の深さと確固とした城郭観が示されている。

 縄張研究をライフワークとする著者が、多大なエネルギーと情熱を注ぎ込んだ労作を、多くの方が読まれるようここに紹介させていただく。
A4版 230頁 5000+税 桂書房)

(野垣好史)

DSCF3154.jpg

スポンサーサイト

富山市考古資料館ミニ企画展「呉羽丘陵の古墳」展示解説図録の販売について

 富山市考古資料館では、11日まで富山市考古資料館ミニ企画展「呉羽丘陵の古墳」を開催(会期中無休)しています。このたび、本企画展の解説図録を作成し販売しています。

・全12頁 消費税込み200円(10月末日時点での残部100冊未満)
・図録の内容等の詳細は下記の富山市民俗民芸村ホームページをご覧ください。
 http://www.city.toyama.toyama.jp/etc/minzokumingei/kouko/kouko_kureha.html


【問い合わせ先】
 富山市考古資料館
 〒930-0881 富山市
安養坊47-2(富山市民俗民芸村内)
 TEL:076-433-8634
 http://www.city.toyama.toyama.jp/etc/minzokumingei/kouko/kouko.html



佐伯哲也著『能登中世城郭図面集』が刊行されました

 本会会員の佐伯哲也氏の新刊である。
 「越中中世城郭図面集」三部作を刊行した著者が、いよいよ越中を飛び出して他国の中世城郭をまとめる仕事に入られた。本書はその成果の第1弾である。

 能登の119城館の縄張図と解説、七尾城支城群についての特別論文を収録、さらに位置図と一覧表がついて利用者の便が図られている。

 縄張図の提示とそこから読み取れることに主題にしつつ、文献史学・考古学の成果もふんだんに盛り込まれる。能登中の図書館をまわって文献史料を探索したほか、考古学分野は報告書だけでなく、自治体の担当者に会って生きた情報を入手したとのこと。その成果が本書をより豊かなものにしている。

 もちろん既往の研究成果をつなぎ合わせただけの解説ではなく、ときに大胆な仮説を提示したり、先行研究と異なる見方を示したりしながら読み応えのある内容となっている。見過ごしてしまいそうな遺構もおざなりにせず、根拠を示して積極的に評価しようとされているのは、膨大な調査に裏打ちされた確固たる中世城郭像を描ける著者だからこそ可能な仕事だと思う。


 これまでの4冊の著書で掲載された縄張図は計337。ただ一つの例外なく自分で描いた縄張図を用い論述されている。写真で代用したり、文章だけの説明で終わらせないところに著者の強い信念を感じずにいられない(もちろんだからこそタイトルに「図面集」とあるのだと思うが)。自分で見て、測って、描いてはじめてその城が理解できる、縄張図を描いていない城については自分は語る資格がないということではないか。

 著者の情熱の結晶ともいうべき本書を、ぜひ多くの方が手に取られるようおすすめしたい。
 中世城郭の見どころや奥深さがわかる格好の書である。考古学関係者や研究者にとっては今後否が応でも触れざるを得ない基本文献になることと思 う。

 次は加賀編に向けて意欲を示されている。著者の仕事がどこまで広がりをみせるか、とても楽しみである。

 (野垣好史)

 201581日発行 A4判 274頁 税込4320円 桂書房)

 IMG_3677.jpg


富山を知る考古学研究―最新刊から―

著者名

掲載論文・報告名

書名

年月

発行

田上和彦

富山県における江戸時代の墓

石川県埋蔵文化財情報 第33

2015,3

石川県埋蔵文化財センター

西井龍儀

砺波平野に臨む古墳

となみ野散居村の記憶

2015,7

桂書房

 

野原大輔

地中の記憶は時空を超える

小畑弘己

レプリカ法から圧痕法へ

*本誌表紙で富山市平岡遺跡のコクゾウムシ写真紹介

月刊考古学ジャーナル №672 特集 最新考古学技術の最前線

2015,7

ニューサイエンス社

大川原竜一

『越中石黒系図』と利波臣氏

日本古代の王権と権力(加藤謙吉編)

2015,5

大和書房

岸本雅敏

林謙作さんからの手紙

北海道考古学51

2015,3

北海道考古学会

野原大輔

考古学者の書棚「五箇山研究ノート」米澤康著/越飛文化研究会(1962

アルカ通信№142

「文化財発掘出土情報2015,7」掲載

2015,7

考古学研究所 ()アルカ

藤田富士夫

古墳時代中期の玉作遺跡とランドマーク―ヌナカワ祭祀圏での事例―

敬和学園大学人文社会科学研究所年報 13

2015,6

敬和学園大学

伊藤雅文

祝!西井龍儀会員が旭日単光章 叙勲祝賀会から

石川考古 第324

2015,6

石川考古学研究会


中村由克

後期旧石器時代における透閃石岩製石斧のひろがり


旧石器研究 第11

2015,5

日本旧石器学会

藤田慎一

考古学者の書棚「陶磁の道 -東西文明の接点をたずねて-」三上次夫著/岩波新書(1969)

アルカ通信№143

2015,8

考古学研究所
(株)アルカ


※は事務局の註です。会員は太字。

富山・北陸を知る本―最新刊から―

編著者名

書  名

年月

発行

富山県埋蔵文化財センター編

埋文とやま Vol.131

2015,7

富山県埋蔵文化財センター

下老子笹川遺跡

2015,3

下老子笹川遺跡出土品集

2015,3

小竹貝塚―6,000年前のとやま人のくらし―
(パンフレット)

2015,3

譽田亜紀子

にっぽん全国 土偶手帳

2015,7

世界文化社

佐伯哲也

能登中世城郭図面集

2015,8

桂書房


富山を知る考古学研究―最新刊から―

著者名

掲載論文・報告名

書名

年月

発行

大川原竜二

新川郡の射水臣氏

万葉を愛する会だより 第73

2015,4

高岡市万葉歴史館万葉を愛する会

田上和彦

高岡市麻生谷周辺の道路遺構と文字資料

安中哲徳

弥生時代 北陸

月刊考古学ジャーナル№670 特集 2014年の考古学界の動向

2015,5

ニューサイエンス社

田邊朋宏

古墳時代 北陸

野原大輔・藤田慎一

 

砺波平野を襲った3度の大地震―御館山館跡の調査から―

砺波散村地域研究所紀要 第32

2015,3

砺波散村地域研究所

野原大輔

雄神地区における新発見の城郭「金剛寺城」について

城岡朋洋 五畿七道の国府 4 北陸道 越中 古代の都市と条里 2015,4 吉川弘文館
湯尻修平 合同特別例会報告「日本海側の縄文貝塚を探る」 石川考古 第323 2015,3 石川考古学研究会
西井龍儀・久々忠義 越中の小型狛犬・越前狛犬 日引 第14 2015,3 石造物研究会

岡田一広

各都道府県の動向 富山県

日本考古学年報66

2013年度版)

2015,5

日本考古学協会

麻柄一志

能登半島縄文時代の一様相―石箆・石槍・石刃―

 

同志社大学考古学シリーズⅩⅠ 森浩一先生に学ぶ

2015,1

松藤和人編

中国の鋸歯縁石器群について

旧石器考古学80

 

2015,3

旧石器文化談話会

小松愛子

文献・絵図資料にみる富山藩江戸屋敷

 

東京大学構内遺跡調査研究年報9

 20112012年度

2015,5

東京大学埋蔵文化財調査室



会員は太字

富山・北陸を知る本―最新刊から―

編著者名

書  名

年月

発行

文化庁文化財部監修

月刊文化財 平成275月号(620号)

姫路城の平成大修理と近年の城郭修理・整備  *金沢城を紹介

2015,4

第一法規

魚津市教育委員会編

魚津の歴史読本シリーズ(5

魚津の先人たち

2015,3

魚津市教育委員会編

「旧北陸街道を歩く」実行委員会

呉羽丘陵とその周辺 ぶらりみどころ

*呉羽山丘陵・羽根丘陵に遺跡を紹介

2015,3

呉羽山観光協会

*は事務局の付けた注です。

プロフィール

富山考古学会

Author:富山考古学会
1949年に設立。会の目的は、おもに富山県の考古学調査と研究、考古資料をはじめとする文化財の保存と継承、そして新人の指導。学会誌『大境』と連絡紙を発行。シンポジウムなどの研究活動、遺跡整備事業などに貢献。2008年、文部科学大臣表彰を受章。2011年、日本学術会議協力学術研究団体に指定。
※写真は氷見市大境洞窟(国史跡) [氷見市立博物館蔵]

最新記事

最新コメント

メールフォーム

富山考古学会および当ホームページにご意見や考古学情報をお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

富山の天気

FC2カウンター