スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森 喜美さんの考古楽講座「縄文文化の豊かさと限界」の開催について

 富山市民俗民芸村内にある考古資料館において、富山市民俗民芸村解説サポーターの森喜美さんによる考古楽講座「縄文文化の豊かさと限界」が開催されます。

 自然と深く関わっていた縄文時代は、豊かだったといわれるけど、本当にそうだったのかな?森さんに聞いてみよう!

  ・講 義 題  「縄文文化の豊かさと限界」
  ・日  時  平成28年3月5日(土)10:00~11:45
  ・会  場  富山市民俗民芸村管理センター講座室、考古資料館
         1時間の講義の後、考古資料館で関連する展示品を見学しながら解説を聞きます。
  ・定  員  20名(申込不要、参加費無料)
  ・HP:http://www.city.toyama.toyama.jp/etc/minzokumingei/event.html#koukogaku

【問い合わせ】
 富山市考古資料館
  富山市安養坊47-2(富山市民俗民芸村内)
  TEL:076-433-8634 

富山市考古資料館イベント

スポンサーサイト

プロフィール

富山考古学会

Author:富山考古学会
1949年に設立。会の目的は、おもに富山県の考古学調査と研究、考古資料をはじめとする文化財の保存と継承、そして新人の指導。学会誌『大境』と連絡紙を発行。シンポジウムなどの研究活動、遺跡整備事業などに貢献。2008年、文部科学大臣表彰を受章。2011年、日本学術会議協力学術研究団体に指定。
※写真は氷見市大境洞窟(国史跡) [氷見市立博物館蔵]

最新記事

最新コメント

メールフォーム

富山考古学会および当ホームページにご意見や考古学情報をお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

富山の天気

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。