fc2ブログ

<新刊紹介> 富山城研究会『石垣から読み解く富山城』

 本会会員の古川知明氏・野垣好史と、富山市郷土博物館の萩原大輔氏による表題図書が刊行されました。

 約20年前に始まった富山城址公園整備に伴う石垣調査は、およそ3分の2の石垣についてレーザー測量が行われ、1石ごとに石質や刻印などが調べられました。また、解体修理に伴う悉皆的な石材調査や発掘調査は、石垣内部の状況や石割方法、墨書の内容などを詳らかにし、石垣に関する情報は飛躍的に増えました。

 こうした成果を余すところなく盛り込んだのが、本書です。
 石垣全体の歴史から、石材加工の石工道具といった細部にいたる内容まで、テーマ別に30の項目と、35の「豆知識」によって富山城石垣の全貌を明らかにします。 平易に解説されている一方、知る人ぞ知る玄人向けの内容もふんだんに盛り込まれ、読み応えのある一冊に仕上がっています。

 富山城石垣は、山奥にある城や埋もれてしまった城と違い、誰もが間近に400年前の実物を観察できる貴重な遺構です。 本書を手に散策すれば何倍も理解が深まるでしょう。 ぜひご一読ください。
  B5版 100頁 1300円+税 2022年7月7日発行 桂書房
                                             (野垣好史)
チラシ

プロフィール

富山考古学会

Author:富山考古学会
1949年5月20日に設立。会の目的は、おもに富山県の考古学調査と研究、考古資料をはじめとする文化財の保存と継承、そして新人の指導。学会誌『大境』と連絡紙を発行。シンポジウムなどの研究活動、遺跡整備事業などに貢献。2008年、文部科学大臣表彰を受章。2011年、日本学術会議協力学術研究団体に指定。
※写真は氷見市大境洞窟(国史跡) [氷見市立博物館蔵]

最新記事

最新コメント

メールフォーム

富山考古学会および当ホームページにご意見や考古学情報をお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

富山の天気

月別アーカイブ

FC2カウンター