富山市民大学祭 特別講演会

「古代日本海文化と越中富山」 終了しました。

・日時 平成23年12月3日(土) 13:30~
・場所 富山市民プラザ 4Fアンサンブルホール
・講師 森 浩一 氏(同志社大学名誉教授)
・入場無料

 講師の森 浩一氏は2011年3月まで富山市日本海文化研究所の顧問を務められる。
 作家の松本清張氏、黒岩重吾氏、司馬遼太郎氏と深く長い交流があり、1981年には松本氏、黒岩氏とともに「日本海文化をめぐる問題提起」と題したシンポジウムを開催した。また、1982年には司馬氏を招き、「日本海諸地域の古代文化と交流」のテーマでシンポジウムを開催した。

スポンサーサイト

プロフィール

富山考古学会

Author:富山考古学会
1949年に設立。会の目的は、おもに富山県の考古学調査と研究、考古資料をはじめとする文化財の保存と継承、そして新人の指導。学会誌『大境』と連絡紙を発行。シンポジウムなどの研究活動、遺跡整備事業などに貢献。2008年、文部科学大臣表彰を受章。2011年、日本学術会議協力学術研究団体に指定。
※写真は氷見市大境洞窟(国史跡) [氷見市立博物館蔵]

最新記事

最新コメント

メールフォーム

富山考古学会および当ホームページにご意見や考古学情報をお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

富山の天気

FC2カウンター