発掘調査報告書

発行者
書  名
主な年代・内容
発行年月
(財)富山県文化振興財団埋蔵文化財調査事務所
 
℡076-442-4229
開馞大滝遺跡・五社遺跡・五条条里遺跡・水牧遺跡・下川原遺跡発掘調査報告―北陸新幹線建設に伴う埋蔵文化財発掘報告Ⅲ―
開馞大滝遺跡は木舟城に関連する16世紀後半の城下町の縁辺部で、自然流路等を確認。五社遺跡では飛鳥時代(7C前半)の建物跡を多数確認。水牧遺跡では飛鳥時代(7C後半)の竪穴住居を確認、下川原遺跡では弥生末の竪穴住居・奈良~平安(8~9C)の掘立柱建物が確認され、「天平」の墨書須恵器が出土。
2012,2
水上遺跡・赤井南遺跡・安吉遺跡・棚田遺跡・本江大坪Ⅰ遺跡発掘調査報告―北陸新幹線建設に伴う埋蔵文化財発掘報告Ⅳ
水上遺跡は13~15世紀の集落跡。赤井南遺跡は古代道路側溝から人面墨書土器出土、中世集落も確認。安吉遺跡は古墳中期の廃棄土坑、14~16世紀土坑群から密教法具・護符木簡が出土、15世紀文献の安吉慶国寺か。本江大坪Ⅰ遺跡は弥生末~古墳前期の土坑群。
2012,3
富山市埋蔵文化財センター
 
℡076-442-4246
百塚住吉D遺跡発掘調査報告書
8世紀前半の竪穴建物、8世紀後半~9世紀の掘立柱建物がある。掘立柱建物と主軸が同じ長方形土坑2基は馬小屋遺構と推定。
2012,3
百塚遺跡発掘調査報告書
平成20・21年度調査成果。弥生後期の方形周溝墓10・円形周溝墓2、古墳前期に方墳1・円墳2、古墳後期1(墳形不明)を検出。これで全30基となり「百塚古墳群」と総称する。縄文時代土坑、遺物も検出。
2012,3
舘本郷Ⅱ遺跡発掘調査報告書
弥生末・古墳中期の土坑、9~10世紀の掘立柱建物2棟があり、1棟は3間×4間2面庇付総柱建物。
2012,3
二本榎遺跡発掘調査報告書
古墳後期7世紀初頭の横穴式石室を伴う直径14mの円墳。周溝は幅1.2~2.4m。周溝内から破砕した須恵器高杯・大甕が出土。石室は上部が欠損し、内部からガラス玉・刀子片が出土。耕作中に出土していた提瓶4個は石室内出土の可能性大きい。
2012,3
富山市内遺跡発掘調査概要Ⅵ
西金屋・西金屋窯跡では8~9世紀の土師器焼成坑3基、竪穴建物の一部を検出。
米田大覚遺跡では、掘立柱建物と「罡本」と書いた墨書須恵器が出土。岡本郷か。
2012,3
富山城跡発掘調査報告書
富山城西ノ丸北西隅の内堀底面を確認。堀構造は箱堀と判明。西ノ丸範囲が確定。
2012,3
富山市内遺跡発掘調査概要Ⅶ
平成13年度実施の金草電化農場前遺跡では8世紀の土師器焼成坑1基を検出、同年呉羽富田町遺跡では9世紀掘立柱建物群検出。茶屋町東遺跡は平成22年測量調査を行い、天正13年佐々攻めの際築かれた安養坊砦跡の一部とみられる曲輪5か所・空堀を確認。
2012,3
富山市内石造物調査報告書
近世宝篋印塔4基、近世弥勒菩薩形墓石2基の測量調査、昭和60年西光寺禅定窟の測量調査報告。
2012,3
南砺市教委
℡0763-23-2014
富山県南砺市埋蔵文化財分布調査報告7
23年度井波地域の分布調査結果。新規2遺跡、範囲拡大3遺跡。高瀬遺跡では1500m×900mに及ぶことが判明。
2012,3
高畠遺跡・宗守Ⅱ遺跡
 
2遺跡とも縄文から近世の集落で、高畠遺跡は8~9世紀の建物遺構、宗守遺跡は8~15世紀の建物等を検出。
小矢部市教委    ℡
0766-67-1760
平成23年度小矢部市埋蔵文化財発掘調査概報
金屋本江遺跡ほか6件の発掘調査結果。古代から中世の溝・遺物等。
2012,3
高岡市教委
℡0766-20-1463
市内遺跡調査概報
ⅩⅩⅠ
下佐野遺跡では8~10世紀の溝状遺構から墨書土器・木簡が出土、木簡は稲の出納に関わるもの。越中国府関連遺跡は越中国一宮境内地で8~9世紀の土器が出土、一宮に関係するものか。他20遺跡
2012,3
氷見市教委
℡0766-74-8215
鞍川E遺跡Ⅰ遺跡
中世の溝を検出。縄文~中世の遺物が出土。古代の瓦塔破片が出土した。
 
2012,3
富山県埋蔵文化財センター
℡076-434-2814
富山県埋蔵文化財センター年報―平成22年度―
県内市町村の発掘調査実績をとりまとめ。
2011,6
スポンサーサイト

プロフィール

富山考古学会

Author:富山考古学会
1949年に設立。会の目的は、おもに富山県の考古学調査と研究、考古資料をはじめとする文化財の保存と継承、そして新人の指導。学会誌『大境』と連絡紙を発行。シンポジウムなどの研究活動、遺跡整備事業などに貢献。2008年、文部科学大臣表彰を受章。2011年、日本学術会議協力学術研究団体に指定。
※写真は氷見市大境洞窟(国史跡) [氷見市立博物館蔵]

最新記事

最新コメント

メールフォーム

富山考古学会および当ホームページにご意見や考古学情報をお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

富山の天気

FC2カウンター