講演会・研究会・イベント案内

●24年度富山城ツアー
富山城の遺構や石垣について、富山市埋蔵文化財センター学芸員が解説します。
第2回  2012年8月22日(水)10:00~
第3回  2012年10月3日(水)10:00~
第4回  2012年11月7日(水)10:00~
会 場  富山城址公園(郷土博物館前集合)
申込等  事前申込不要・無料
【問合せ先 富山市埋蔵文化財センター ℡. 076-442-4246】

●第15回石川の歴史遺産セミナー「近世初期の前田家と能登」 終了しました
日 時  2012年6月24日(日)10:30~15:30
講 師  藤田達生氏(三重大学教授)、見瀬和雄氏(金沢大学教授)、木越隆三氏(石川県金沢城調査研究所副所長)
会 場  石川県立歴史博物館 学習ホール(金沢市出羽町3-1)
少し大きい文字申込等  事前申込要(はがき・FAX・メール)
FAX:076-262-1836 E-mail:rekisi02@pref.ishikawa.jp
【問合せ先 石川県立歴史博物館 ℡. 076-262-3238】

●史跡指定40周年記念フォーラム「横江びとが語る平安ロマン」 横江荘遺跡を考える終了しました日  時  2012年6月24日(日)14:00より
基調講演  「横江荘史跡の歴史的意義」
講  師  佐藤 信氏(東京大学大学院人文社会系研究科教授)
フォーラム「いま よみがえる横江荘」
トーク:佐藤信・吉岡康暢(国立歴史民俗博物館名誉教授・本会会員)
会  場  千代女の里俳句館2階研修室(石川県白山市殿町57-1)
入場無料
現地見学会  10:00~12:00
横江荘・上荒屋遺跡・未松廃寺等をバスでまわります。
松任博物館から出発。参加費無料。申込み順
【問合せ・見学会申込み先 石川県白山市立松任博物館 ℡. 076-275-8922】

●越中史壇会特別研究発表会終了しました
日 時  2012年7月7日(水)14:00~16:00
講 師  藤田富士夫氏(本会副会長)
演 題  大伴家持が見た立山の景
会 場  富山市民プラザ3F AVスタジオ
申込等  事前申込不要
【問合せ先 越中史壇会事務局 ℡. 076-434-4050】

●金沢学院大学公開講座「歴史学研究の最前線を探る」終了しました
日 時  2012年6月23日(土)13:00~16:30
講演①  伊東剛史氏「近代ヨーロッパの動物園」
講演②  清水宣義氏「縄文時代の能登半島」
講演③  東四柳史明氏「中世能登内浦の風景」
会 場  石川県立美術館ホール(金沢市出羽町2-1)
定員   150名
申込等  6月20日までに事前申込(名前・住所・電話番号)
Fax. 076-229-8995/ E-mail: bungaku-info@kanazawa-gu.ac.jp
【問合せ先 金沢学院大学公開講座係 ℡. 076-229-8874】

●越後国域確定1300年―新潟県のかたちを求めて― リレー講演会(全9回)
第2回終了しました
日 時  2012年6月30日(土)13:00~16:30
講 師  小林昌二氏(帝京大学教授)
演 題  謎の渟足柵と越後国の成立
会 場  阿賀野市ふれあい会館(阿賀野市山崎77)
定 員  150人
申 込  先着順で事前申込(名前・住所・電話番号)
Fax. 0250-62-1877
E-mail: syogaigakusyu@city.agano.niigata.jp
【問合せ先 阿賀野市教委 ℡. 0250-62-5322】

第3回
日 時  2012年9月2日(土)13:00~16:30
講 師  武田佐知子氏(大阪大学大学院教授)
演 題  古代日本海の交通と衣服
会 場  加茂文化会館(加茂市幸町2-3-5)
定 員  200人  申込み先着順で事前申込(名前・住所・電話番号)
Fax. 0256-52-0089
E-mail: minzoku@city.kamo.niigata.jp
【問合せ先 加茂市民俗資料館 ℡. 0256-52-0089】

●小松市埋蔵文化財センター特別講演会 終了しました
日 時  2012年7月8日(日)13:30~15:30
講 師  若狭 徹氏(高崎市教育委員会)
演 題  はにわたちのメッセージ~人物埴輪が語るもの
会 場  小松市第一地区コミュニティセンター(小松市白江町ツ108番地1) 
参加費  無料、事前申込み不要
【問合せ先 小松市埋蔵文化財センター ℡. 0761-47-5713】

●シンポジウム「縄文・峰一合遺跡の時代の再検討」 終了しました
日 時  2012年7月8日(日)13:00~17:00
内 容  ①縄文時代前期後半における飛騨を中心とした地域の形成
                   馬場伸一郎氏(下呂ふるさと歴史記念館)
②飛騨の縄文前期後半土器と集落
大石祟史氏(飛騨高山まちの博物館)
     ③北白川下層式時分布圏と飛騨方面の交流
                  鈴木康二氏(滋賀県文化財保護協会)
     ④峰一合遺跡の「パン状炭化物」とその類例
                  中村賢太郎氏(パレオ・ラボ)
     デスカッション
会 場  下呂交流会館1階マルチスタジオ(下呂市森2270) 
参加費  資料代500円が必要です
【問合せ先 下呂ふるさと歴史記念館 ℡. 0576-25-4174】
スポンサーサイト

プロフィール

富山考古学会

Author:富山考古学会
1949年に設立。会の目的は、おもに富山県の考古学調査と研究、考古資料をはじめとする文化財の保存と継承、そして新人の指導。学会誌『大境』と連絡紙を発行。シンポジウムなどの研究活動、遺跡整備事業などに貢献。2008年、文部科学大臣表彰を受章。2011年、日本学術会議協力学術研究団体に指定。
※写真は氷見市大境洞窟(国史跡) [氷見市立博物館蔵]

最新記事

最新コメント

メールフォーム

富山考古学会および当ホームページにご意見や考古学情報をお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

富山の天気

FC2カウンター