発掘調査報告書

発行者
書  名
主な年代・内容
発行年月
射水市教委
射水市内遺跡発掘調査報告Ⅴ
水戸田地区分布調査結果(縄文~近世)19遺跡、文政3年大乗妙典塔の調査結果
2013,1
富山市埋蔵文化財センター
 
 
 
 
 
 
富山市四方背戸割遺跡発掘調査報告書
農道工事に伴う立会調査。古墳時代溝を検出。
2013,3
富山市今市遺跡発掘調査報告書
縄文時代~江戸の集落跡。平安前期の道路跡・建物跡を検出。江戸後期に屋敷跡。
昭和中期の国民学校基礎も検出。
富山市内遺跡発掘調査概要Ⅷ
個人住宅に伴う調査。宮条南遺跡では、古代の波板状凹凸面のある遺構を道路でないと認定。西金屋遺跡では奈良時代土坑等
富山市内遺跡発掘調査概要Ⅸ
北押川・墓ノ段遺跡の縄文中期竪穴建物の報告。
富山市内石造物等調査報告書Ⅱ
富山寺宝篋印塔と礫石経の調査、常願寺川石工関係石造物調査、寺位牌等の調査
富山市遺跡地図
7年にわたる分布調査の成果を集大成した遺跡地図。1053遺跡を掲載。106ページ
富山県文化振興財団埋蔵文化財調査事務所
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
下黒田遺跡・下佐野遺跡・諏訪遺跡・蔵野町東遺跡・蔵野町遺跡・駒方南遺跡発掘調査報告
北陸新幹線に伴う調査。縄文後期~近世の集落・墓地。特に、下黒田遺跡の方形周溝墓は弥生中期として県内最大級、諏訪遺跡で「和同開珎」出土。
2013,3
上久津呂中屋遺跡発掘調査報告
能越自動車道に伴う調査。縄文早期~前期貝塚より人骨出土。海水性貝塚としては県内最古。弥生中期以降の方形周溝墓と後期集落。古墳時代流路から角杯形須恵器。古代には集落から「津史」墨書。中世集落。
上梅沢遺跡 水橋金広・中馬場遺跡 新堀西遺跡 発掘調査報告
北陸新幹線に伴う調査。弥生中期~近世の集落跡。上梅沢遺跡では弥生末の円形周溝墓1基以上、中世の上梅沢館の関連する集落跡、水橋金広・中馬場遺跡では古代道路が注目される。
中谷内遺跡発掘調査報告
能越自動車道に伴う調査。古墳前期~中世の集落跡。古墳後期・古代・中世に集落形成。古代・中世に地震跡。
白石遺跡 大江東遺跡 大江遺跡 愛宕遺跡 今開発東遺跡 今開発遺跡 三ヶ・本開発遺跡発掘調査報告
北陸新幹線に伴う調査。縄文晩期から近世までの集落跡。愛宕遺跡は弥生~古墳の玉作集落。小型仿製鏡・皮袋形土器が出土。今開発東遺跡は弥生前・中期の玉作集落。今開発遺跡では中世区画溝を検出
南砺市教委
 
 
南砺市埋蔵文化財分布調査報告8―井口地域
富山大学考古学研究室による分布調査成果。縄文から近世の12遺跡を確認。
2013,3
宗守Ⅲ遺跡 宗守城跡・宗守寺屋敷遺跡 梅原胡摩堂遺跡
ほ場整備に伴う調査。奈良~近世の集落、鎌倉~室町の墓を検出。墓は、宗守地区で長方形墓壙が計22基存在する。
院林遺跡Ⅴ
主要地方道に伴う調査。古代~近世の集落。12・13世紀頃の区画溝検出
氷見市教委
 
 
氷見市内遺跡発掘調査概報Ⅲ
稲積天坂北遺跡ほか3遺跡。弥生~近世の集落跡。
2013,3
国指定史跡 大境洞窟住居跡 保存整備事業報告書
平成23・24年度の保全工事成果。詳細測量を行う。周辺の空洞も調査。
立山町教委
立山道 石造物マップ
滑川~立山山頂までに分布する石造物をマップに見やすくまとめた
2013,3
上市町教委
史跡上市黒川遺跡群整備活用基本計画書
 
2013,3

スポンサーサイト

プロフィール

富山考古学会

Author:富山考古学会
1949年に設立。会の目的は、おもに富山県の考古学調査と研究、考古資料をはじめとする文化財の保存と継承、そして新人の指導。学会誌『大境』と連絡紙を発行。シンポジウムなどの研究活動、遺跡整備事業などに貢献。2008年、文部科学大臣表彰を受章。2011年、日本学術会議協力学術研究団体に指定。
※写真は氷見市大境洞窟(国史跡) [氷見市立博物館蔵]

最新記事

最新コメント

メールフォーム

富山考古学会および当ホームページにご意見や考古学情報をお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

富山の天気

FC2カウンター