故 林夫門氏の業績がまとめられました

このたび、元会員の橋本正春氏が、本会の立上げと繁栄を推進してこられた本会元副会長の故林夫門氏の業績についてまとめられ、2月に自費出版されました。
題名は『Anthropology of Fumon Hayashi Posthumous works』(和訳:林夫門の人類学 遺著)。県立図書館等主要図書館で閲覧できます。
スポンサーサイト

プロフィール

富山考古学会

Author:富山考古学会
1949年に設立。会の目的は、おもに富山県の考古学調査と研究、考古資料をはじめとする文化財の保存と継承、そして新人の指導。学会誌『大境』と連絡紙を発行。シンポジウムなどの研究活動、遺跡整備事業などに貢献。2008年、文部科学大臣表彰を受章。2011年、日本学術会議協力学術研究団体に指定。
※写真は氷見市大境洞窟(国史跡) [氷見市立博物館蔵]

最新記事

最新コメント

メールフォーム

富山考古学会および当ホームページにご意見や考古学情報をお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

富山の天気

FC2カウンター