大境第34号の原稿を募集します

 大境第34号に投稿予定の方は4月30日まで、編集委員または事務局まで、題名・ページ数(予定)をお知らせください。
 原稿の提出締切は9月末です。



大境執筆要項
 
1.原稿の種類は、論文、報告、研究ノートのほか、埋蔵文化財問題、翻訳、書評・新刊紹介、動向、および考古学の周辺諸科学などです。

2.1ページはA4判横書きで、22字詰め41行2段組(1,804字)です。文章・図・表・写真、合わせて20頁以内とします。この枚数を大幅に超える場合は、事前に編集委員会に相談して下さい。

3.パソコン、ワープロで文章作成の場合は、2の書式を厳守し、フロッピーディスク等(使用機種または使用ソフトを明記し、テキストファイルも添付)と共に打ち出し原稿を提出して下さい。

4.論文の場合、本文の要旨を200字程度で本文の冒頭に添付して下さい。

5.図・表・写真の大きさは、縦キャプションを含み最大24.5㎝、横は編集の都合上17㎝もしくは7.7㎝の2種類とします。図は墨入れし、縮尺・タイトルは明記して下さい。折り込み・カラー印刷は原則として認めません。図・表をデジタルで作成した場合も同様ですが、レイアウトソフトでの提出はご遠慮いただき、必ず元データとプリントを提出して下さい。

6.註は、本文中に1 2・・・の通し番号を右上付き文字で示し、本文末尾の後に番号順にまとめて下さい。

7.引用参考文献は、本文中に〔○○20○○〕で表示し、註の次に五十音順にまとめて下さい。

8.図・表などの位置、大きさを所定の割付用紙に赤・青鉛筆で明示した「割付」を提出して下さい。

9.文・図・表の掲載大のコピーを貼り付けた「割付見本」を提出して下さい。

10.図版・割付・割付見本作成については編集委員会でも協力します。

11.原稿の採否および掲載時期については編集委員会にご一任下さい。

12.執筆者の校正は原則として初校限りとします。再校以降は編集委員会にお任せ下さい。

13.執筆者には本誌1冊を進呈します。また、論文・報告・研究ノートの執筆者には抜刷30部と清刷1部も進呈します。

スポンサーサイト

プロフィール

富山考古学会

Author:富山考古学会
1949年に設立。会の目的は、おもに富山県の考古学調査と研究、考古資料をはじめとする文化財の保存と継承、そして新人の指導。学会誌『大境』と連絡紙を発行。シンポジウムなどの研究活動、遺跡整備事業などに貢献。2008年、文部科学大臣表彰を受章。2011年、日本学術会議協力学術研究団体に指定。
※写真は氷見市大境洞窟(国史跡) [氷見市立博物館蔵]

最新記事

最新コメント

メールフォーム

富山考古学会および当ホームページにご意見や考古学情報をお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

富山の天気

FC2カウンター