富山を知る考古学研究(3)

著者名
掲載論文・報告名
書名
年月
発行
野原大輔
日本の遺跡・世界の遺跡
富山県砺波市久泉遺跡
考古学研究
57-2
2010,9
考古学研究会
安念幹倫
とやま発掘物語20 北高木遺跡の2―墨で書く―
埋文とやま Vol.112
 
2010,10
富山県埋蔵文化財センター
 
山本正敏
火炎土器と富山
細辻真澄
下佐野遺跡の墳墓群
藤田富士夫
越中時代の大伴家持の歌とその環境
第18回春日井シンポジウム資料集
2010,9
春日井シンポジウム実行委員会
塩田明弘
天地人の湧いた魚津と魚津城の調査について
日本黒部学会研究紀要第17号
2010,
日本黒部学会
吉朝則富
老いねずみ石冠考
同志社大学考古学研究会50周年記念論集
2010,6
50周年記念論集編集委員会
石野博信
第七章    三世紀の地域王権と交易
 
*富山市ちょうちょう塚を紹介
弥生興亡 女王・卑弥呼の登場
2010,4
文英堂
(\1,945)
Newton編集部
アーキオリポート「縄文時代前期の人骨を71体発見」
Newton 2011年1月号
2010,12
ニュートンプレス
スポンサーサイト

プロフィール

富山考古学会

Author:富山考古学会
1949年に設立。会の目的は、おもに富山県の考古学調査と研究、考古資料をはじめとする文化財の保存と継承、そして新人の指導。学会誌『大境』と連絡紙を発行。シンポジウムなどの研究活動、遺跡整備事業などに貢献。2008年、文部科学大臣表彰を受章。2011年、日本学術会議協力学術研究団体に指定。
※写真は氷見市大境洞窟(国史跡) [氷見市立博物館蔵]

最新記事

最新コメント

メールフォーム

富山考古学会および当ホームページにご意見や考古学情報をお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

富山の天気

FC2カウンター