富山を知る考古学研究―最新刊から―

著者名

掲載論文・報告名

書名

年月

発行

宮本哲郎

高爪山調査とその後

石川考古学研究会々誌 第58

2015,2

石川考古学研究会

湯尻修平

北陸西部の浮線文系土器

(その3

宮本哲郎・網谷準二

月山・湯殿山・安達太良山・早池峰山で見つけた遺構・遺物の紹介

納屋内高史

魚類遺存体から見た小竹貝塚

富山市の遺跡物語 第16

2015,3

富山市埋蔵文化財センター

鹿島昌也

越中丸山焼と土人形

小林高範

縄文時代の土製耳飾り

古川知明

富山町石工伝助について

大野 究

ほか

富山県氷見市上日寺行田池出土の薄肉半鐘の検討―雨乞いと半鐘について

FUSUS  7

アジア鋳造技術史学会誌

2015,1

アジア鋳造技術史学会

西井龍儀

富山市中世石造物の石材利用

富山市考古資料館紀要 34

2015,3

富山市考古資料館

大野英子

富山市各願寺前遺跡の一括出土銭について

中本八穂

富山城跡出土実包について

小黒智久

弥生時代後期~古墳時代前期の河川環境と遺跡動態

四柳嘉章

縄文時代の漆文化と北陸

歴史新書 北陸から見た日本史

2015,3

洋泉社

貴堂 巌

常願寺川の佐々堤について

大山の歴史と民俗

18

2015,3

大山歴史民俗研究会

小林高範

有峰のオオカミ護符について

金三津英則

松山充宏

中世放生津の都市構造と変遷

中世日本海の流通と港町

2015,3

清文堂

古川知明

港町をめぐる 越中岩瀬

大野 究

港町をめぐる 越中氷見

大川原竜一

 

古代射水郡の官衙関連遺跡と墨書土器

高岡市万葉歴史館紀要 第25

2015,3

高岡市万葉歴史館









*は事務局の注です。会員は太字
スポンサーサイト

プロフィール

富山考古学会

Author:富山考古学会
1949年に設立。会の目的は、おもに富山県の考古学調査と研究、考古資料をはじめとする文化財の保存と継承、そして新人の指導。学会誌『大境』と連絡紙を発行。シンポジウムなどの研究活動、遺跡整備事業などに貢献。2008年、文部科学大臣表彰を受章。2011年、日本学術会議協力学術研究団体に指定。
※写真は氷見市大境洞窟(国史跡) [氷見市立博物館蔵]

最新記事

最新コメント

メールフォーム

富山考古学会および当ホームページにご意見や考古学情報をお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

富山の天気

FC2カウンター