広谷川周辺の遺跡のはなし

 高岡市西広谷地区に所在します、山川の宝筐印塔の話や、勝木原から出土した縄文時代の遺物を昔の調査のことなどを交えて、講師の先生にざっくばらんにお話しいただきます。

 講 師 西井龍儀氏(本会会長、高岡市文化財審議委員)
 日 時 11月22日(日) 11:15~12:30
 会 場 高岡市旧西広谷小学校体育館(高岡市西広谷246)

【問い合わせ先】
 高岡市教育委員会文化財課
 富山県高岡市広小路7-50
 TEL:0766-20-1453

151122.jpg

スポンサーサイト

プロフィール

富山考古学会

Author:富山考古学会
1949年に設立。会の目的は、おもに富山県の考古学調査と研究、考古資料をはじめとする文化財の保存と継承、そして新人の指導。学会誌『大境』と連絡紙を発行。シンポジウムなどの研究活動、遺跡整備事業などに貢献。2008年、文部科学大臣表彰を受章。2011年、日本学術会議協力学術研究団体に指定。
※写真は氷見市大境洞窟(国史跡) [氷見市立博物館蔵]

最新記事

最新コメント

メールフォーム

富山考古学会および当ホームページにご意見や考古学情報をお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

富山の天気

FC2カウンター