特別展 四角い古墳・丸い古墳 -王墓の時代の氷見- の開催について 


 氷見市立博物館では、特別展 四角い古墳・丸い古墳 -王墓時代の氷見-が開催されます。

 3世紀後半から6世紀にかけて、氷見市には大小あわせて400基ほどの古墳が築かれています。
 古墳やその副葬品は、「倭」の時代の氷見を解き明かす重要な鍵であるとともに、当時の土木や工芸の技術を、今に伝えるものでもあります。
 この特別展では、測量や発掘調査が行われた古墳を中心に、それらの大きさや形の違いを紹介するとともに、出土した様々な服装糞を一堂に展示します。
 市内71基の古墳の同一縮尺地形模型や、県内では類例の少ない「短甲」や「挂甲」と呼ばれるよろい、色鮮やかな玉類、武具や馬を飾った金属製品などを出品します。(チラシより)

 
 期 間;平成29年3月3日(金)~3月26日(日)
     9:00~17:00
 会 場;氷見市立博物館 特別展示室
 休館日;3月6日(月)、3月13日(月)、3月21日(火)
 入館料;無料

 資料解説会 3月4日(土) 14:00から 参加自由

【問い合わせ先】
 氷見市立博物館 0766-74-8231
 http://www2.city.himi.toyama.jp/museum/



古墳チラシ校正用-1

古墳チラシ校正用-2

スポンサーサイト

プロフィール

富山考古学会

Author:富山考古学会
1949年に設立。会の目的は、おもに富山県の考古学調査と研究、考古資料をはじめとする文化財の保存と継承、そして新人の指導。学会誌『大境』と連絡紙を発行。シンポジウムなどの研究活動、遺跡整備事業などに貢献。2008年、文部科学大臣表彰を受章。2011年、日本学術会議協力学術研究団体に指定。
※写真は氷見市大境洞窟(国史跡) [氷見市立博物館蔵]

最新記事

最新コメント

メールフォーム

富山考古学会および当ホームページにご意見や考古学情報をお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

富山の天気

FC2カウンター