報告会「おおむかしのあさひまち」   ~土器の圧痕から見た5,500年前の不動堂ムラの暮らし~ の開催について

 国指定史跡不動堂遺跡出土土器の圧痕の分析報告会が、下記のとおり開催されます。

 日 時;平成29年3月12日(日) 13:30 ~16:50  (開場13:00)
 会 場;朝日町図書館会議室 (朝日町沼保969)
 内 容;「環境から読む縄文時代の不動堂ムラの植生」
       石須 秀知(特別天然記念物魚津埋没林博物館)      

     「縄文時代の圧痕調査からわかること」
       佐々木由香(株式会社パレオ・ラボ)           

     「圧痕発見!縄文とやま~小竹貝塚圧痕物語~」
       町田 賢一本会会員、公益財団法人富山県文化振興財団) 

     「朝日町の圧痕速報!~5,500年前の不動堂ムラの暮らし」
       川端 典子本会会員、朝日町埋蔵文化財保存活用施設まいぶんKAN)     

     「トークセッション」
       司会;久保貴志・佐々木由香・町田賢一・石須秀和・川端典子

  参加費;無料(申込み不要、先着70名)

【問い合せ先】国史跡不動堂遺跡再発見事業実行委員会事務局
       TEL:0765-83-0118


スポンサーサイト

プロフィール

富山考古学会

Author:富山考古学会
1949年に設立。会の目的は、おもに富山県の考古学調査と研究、考古資料をはじめとする文化財の保存と継承、そして新人の指導。学会誌『大境』と連絡紙を発行。シンポジウムなどの研究活動、遺跡整備事業などに貢献。2008年、文部科学大臣表彰を受章。2011年、日本学術会議協力学術研究団体に指定。
※写真は氷見市大境洞窟(国史跡) [氷見市立博物館蔵]

最新記事

最新コメント

メールフォーム

富山考古学会および当ホームページにご意見や考古学情報をお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

富山の天気

FC2カウンター