スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北代縄文館ミニ企画展「とやまの石器研究最前線!」の開催について

 台湾の中央研究院地球科学研究所の飯塚義之博士が、史跡北代遺跡や 小竹貝塚から出土した石器について、最新の機器(蛍光X線分析装置 や走査型電子顕微鏡)を用いて分析しました。石器を傷つけることなく、 岩石の種類を科学的に同定することは、考古学研究で今後ますます重要になります。
 本展では、このような石器研究の最前線をご紹介します。(チラシより)


  会 期;平成29年6月6日(火)~12月17日(日)
  会 場;富山市北代縄文広場 北代縄文館
  入館料;無料
  開館時間;9:00~17:00(入館は16:30分まで)
  休館日;月曜日(8月14日は臨時開館)、祝日の翌日(ただし、土・日曜日の場合は開館)



【学芸員による展示解説会】
  日 時;平成29年6月10日(土) 10:00から
  場 所;北代縄文館展示室
  参加費;無料(申込み不要)

【ワークショップ】
 “石器石材の特性を知ろう!”
  日 時;平成29年8月26日(日) 10:00~12:00
  場 所;北代縄文館体験工房
  講 師;富山市科学博物館 増渕主任学芸員


【問い合わせ先】
 富山市埋蔵文化財センター 076-442-4246
 http://www.city.toyama.toyama.jp/etc/maibun/center.htm

とやまの石器研究最前線!展チラシ


スポンサーサイト

プロフィール

富山考古学会

Author:富山考古学会
1949年に設立。会の目的は、おもに富山県の考古学調査と研究、考古資料をはじめとする文化財の保存と継承、そして新人の指導。学会誌『大境』と連絡紙を発行。シンポジウムなどの研究活動、遺跡整備事業などに貢献。2008年、文部科学大臣表彰を受章。2011年、日本学術会議協力学術研究団体に指定。
※写真は氷見市大境洞窟(国史跡) [氷見市立博物館蔵]

最新記事

最新コメント

メールフォーム

富山考古学会および当ホームページにご意見や考古学情報をお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

富山の天気

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。