FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成29年度第2回富山考古学会例会の開催について

 平成29年度第2回例会としまして平成29年9月23日(土・秋分の日)13:30より現在整理調査中の高岡市江尻南遺跡の遺物見学・検討会を開催します。

江尻南遺跡は、国道8号バイパス江尻交差点の南東側に立地する複合集落遺跡で、縄文時代晩期中葉、弥生時代中期中葉、平安時代末期~鎌倉時代を主体とする遺跡であることが平成28年の発掘調査で判明しました。

特に、弥生時代中期中葉では、土坑群から土器が出土し、詳細な時期はⅢ-2期(岡田2012)、八日市地方7期並行に比定できます。また、緑色凝灰岩を使用した玉作製作に関する遺物も出土しています。

今回の例会では、弥生時代中期中葉の遺物を見学し、遺物群の位置付けを検討します。また、例会終了後、高岡駅前にて懇親会を開催します。是非、ご参加ください。

日  時;平成29年9月23日(土・秋分の日) 13:30~16:30
会  場;株式会社エイ・テック本社(高岡市オフィスパーク12番地)
アクセス;JR戸出駅よりタクシーで10分(約1,000円)
城端線 高岡駅発12:51→戸出着13:04
例会申込み・参加費;不要
懇親会;会場は高岡駅前、会費5,000円程度、申込みはE-mail(
archae.t@gmail.com)にて9/21までご連絡ください。



スポンサーサイト

プロフィール

富山考古学会

Author:富山考古学会
1949年に設立。会の目的は、おもに富山県の考古学調査と研究、考古資料をはじめとする文化財の保存と継承、そして新人の指導。学会誌『大境』と連絡紙を発行。シンポジウムなどの研究活動、遺跡整備事業などに貢献。2008年、文部科学大臣表彰を受章。2011年、日本学術会議協力学術研究団体に指定。
※写真は氷見市大境洞窟(国史跡) [氷見市立博物館蔵]

最新記事

最新コメント

メールフォーム

富山考古学会および当ホームページにご意見や考古学情報をお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

富山の天気

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。