FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大境洞窟住居跡発掘調査100周年記念 リレーコラム「大境」の連載について

 富山考古学会機関誌のタイトルである「大境」は富山県氷見市に所在します“大境洞窟住居跡”に由来します。

 大境洞窟住居跡は大正7(1918)年6月中頃※1に白山社の社殿改築のため地盤を掘り下げたところ遺跡の発見されました。このことは『高岡新報』に記事が記載され、更に『東京朝日新聞』の7月1日号に記事となりました。この記事を確認した東京帝国大学の柴田常惠氏によって7月4日より調査がなされました。ただちに『人類学雑誌』第33巻第7号(大正7年7月25日発行)に柴田氏より報告※2がなされました。
 その後9月28日より試掘トレンチ調査がなされ、層位学的に縄文時代が弥生時代に先行することが証明されました。

 この大境洞窟住居跡発見100周年を記念しまして、富山考古学会会員によるリレーコラム「大境」をこのHP上で連載します。
 最初のコラムニストは富山考古学会会長、山本正敏です。
 お楽しみにしてください。 


※1 長谷川言人 1927 「大境洞窟の遺蹟に就て」『先史学研究』によると、「6月15日頃」とされる。
※2 
柴田常惠 1918 「越中国氷見郡宇波村大境の白山社洞窟」『人類学雑誌』第33巻第7号

oozakai_s.jpg大境洞窟住居跡



スポンサーサイト

プロフィール

富山考古学会

Author:富山考古学会
1949年に設立。会の目的は、おもに富山県の考古学調査と研究、考古資料をはじめとする文化財の保存と継承、そして新人の指導。学会誌『大境』と連絡紙を発行。シンポジウムなどの研究活動、遺跡整備事業などに貢献。2008年、文部科学大臣表彰を受章。2011年、日本学術会議協力学術研究団体に指定。
※写真は氷見市大境洞窟(国史跡) [氷見市立博物館蔵]

最新記事

最新コメント

メールフォーム

富山考古学会および当ホームページにご意見や考古学情報をお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

富山の天気

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。