FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大境洞窟発掘調査100周年記念リレーコラム『大境』第1回 「大境洞窟と朝日貝塚」

 昨年のこと、大学時代の同級会(大塚初重先生クラス)で、横須賀在住のN君から「来年は大境洞窟発掘百年を迎えるけど何かしないの?」と尋ねられて私は絶句。迂闊でした。恥ずかしながら全く思いもよりませんでした。

 N君は岡本勇先生の弟子を自認していて、三浦半島に多く分布する弥生時代海蝕洞窟遺跡の研究をライフワークとしています。その分野の著書もあり、大境洞窟や朝日貝塚の古写真が國學院大學に柴田常恵氏旧蔵資料として保管されていることを教えたこともあります。

 時代・地域を異にしても、日本で最初に調査された洞窟遺跡のことを、研究史の中できちんとその重要性を認識しているN君はさすがだなと思いました。

 さて、「大境洞窟」と同時に忘れてはならないのが、同じく発掘百周年を迎える「朝日貝塚」です。大正7年(1918年)に同じ氷見市内にある両遺跡を柴田常恵氏らが発掘調査しました。その調査成果によって、大境洞窟は縄文土器が弥生土器より古いことが層位的に確認できた洞窟遺跡として、朝日貝塚は縄文時代の住居跡が明確に確認できた貝塚遺跡として、大正11年(1922年)にそれぞれの分野で日本最初の国指定史跡となりました。氷見市内二か所の遺跡が同日付をもって記念すべき史跡に指定されたのです。

 ここでは富山考古学会の機関誌名にちなんで「大境洞窟」に関するリレーコラムと言いながら、私にとっては「朝日貝塚」のほうがいろいろと興味深いものがあります。そこで、同時に発掘されたよしみでお許しをいただき、朝日貝塚に関することを次回以降に掲載させてもらいたいと思っています。
(会長 山本正敏)
スポンサーサイト

プロフィール

富山考古学会

Author:富山考古学会
1949年に設立。会の目的は、おもに富山県の考古学調査と研究、考古資料をはじめとする文化財の保存と継承、そして新人の指導。学会誌『大境』と連絡紙を発行。シンポジウムなどの研究活動、遺跡整備事業などに貢献。2008年、文部科学大臣表彰を受章。2011年、日本学術会議協力学術研究団体に指定。
※写真は氷見市大境洞窟(国史跡) [氷見市立博物館蔵]

最新記事

最新コメント

メールフォーム

富山考古学会および当ホームページにご意見や考古学情報をお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

富山の天気

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。