FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大境洞窟発掘調査100周年記念リレーコラム『大境』第5回 井上江花 1918年の夏

 1918年の夏、井上江花は忙しかった。100年後にも輝く二つ大きな業績、大境洞窟の発見と、米騒動勃発の報道である。大境洞窟の発見と調査は6月末から7月中旬にかけて、8月からは米騒動の情報発信に努めた。いずれも本年に100周年記念事業が企画されている。井上江花の存在抜きでは、全国各地の考古学・人類学研究者の大境洞窟の調査、さらに国指定史跡としての保存は無かったであろう。よく知られている米騒動につては、江花が主筆だった高岡新報が富山県の情勢をいち早く全国に発信し、それまで地域的な恒例行事であった富山湾沿岸の米騒動が全国に波及する契機の一つとなった。ジャーナリズムの社会への影響が再認識されることになった。しかし、当初、高岡新報は米騒動の報道に出遅れた。7月中旬から胎動し始めた民衆の動きに、大境の調査に熱中していた紅花は気づかなかったのであろうか。その後8月に入ってからはそれまでの遅れを取り戻すかのように米騒動の記事を県内外に配信した。そのため県からの弾圧も経験することになった。
(副会長 麻柄一志)
スポンサーサイト

プロフィール

富山考古学会

Author:富山考古学会
1949年に設立。会の目的は、おもに富山県の考古学調査と研究、考古資料をはじめとする文化財の保存と継承、そして新人の指導。学会誌『大境』と連絡紙を発行。シンポジウムなどの研究活動、遺跡整備事業などに貢献。2008年、文部科学大臣表彰を受章。2011年、日本学術会議協力学術研究団体に指定。
※写真は氷見市大境洞窟(国史跡) [氷見市立博物館蔵]

最新記事

最新コメント

メールフォーム

富山考古学会および当ホームページにご意見や考古学情報をお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

富山の天気

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。