『発掘された日本列島2011』展はじまる

毎年恒例となった文化庁主催の最新発掘成果の展示が、今年も6月から江戸東京博物館を皮切りに、全国4箇所を巡回展示します。
特別名勝平城宮東院庭園や史跡佐渡金銀山遺跡をはじめとし、富山県からは昨年度総会で廣瀬直樹会員に発表いただいた氷見市稲積川口遺跡の馬鍬(飛鳥時代)が出品されます。ぜひごらんください。開催地等は次のとおりです。

開催館
所在地
開催期間
問い合わせ先
江戸東京博物館
東京都墨田区横網1-4-1
開催中~7月31日(日)
03-3626-9974
新潟市歴史博物館
新潟市中央区柳島町2-10
8月9日(火)~9月11日(日)
025-225-6111
静岡市立登呂博物館
静岡市駿河区登呂5-10-5
9月23日(金)~10月30日(日)
054-285-0476
九州歴史資料館
福岡県小郡市三沢5208-3
11月15日(火)~12月18日(日)
 
0942-75-9575
地域展は
九州国立博物館
福岡県太宰府市石坂4-7-2
092-918-2807
高知県立歴史民俗資料館
高知県南国市岡豊町八幡1099-1
1月2日(月)~2月14日(火)
088-862-2211
スポンサーサイト

プロフィール

富山考古学会

Author:富山考古学会
1949年に設立。会の目的は、おもに富山県の考古学調査と研究、考古資料をはじめとする文化財の保存と継承、そして新人の指導。学会誌『大境』と連絡紙を発行。シンポジウムなどの研究活動、遺跡整備事業などに貢献。2008年、文部科学大臣表彰を受章。2011年、日本学術会議協力学術研究団体に指定。
※写真は氷見市大境洞窟(国史跡) [氷見市立博物館蔵]

最新記事

最新コメント

メールフォーム

富山考古学会および当ホームページにご意見や考古学情報をお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

富山の天気

FC2カウンター