富山市大山歴史民俗資料館の企画展

「薬師岳と人とのかかわり」

立山連峰の南側に位置する薬師岳は、麓に住む有峰の人々にとって古くから信仰の対象でした。
開山伝承、信仰、山頂採集の遺物、田部重治など登山家の足跡、文学など様々な視点から、現在までつながる薬師岳と人とのかかわりや歴史について紹介します。

○期 間  平成23年9月21日(水)~12月4日(日)

○入館料  高校生以上100円
        小・中学生50円(土・日・祝日無料)

○休館日  月曜日(祝日の際は翌日)、祝日の翌日

関連講座
○学芸員によるミニ講座「奉納された剣」
   9月24日(土) 10:00~11:00

○「採集遺物からみた薬師岳信仰(仮)」
   10月30日(日) 10:00~11:00
   講師 佐伯哲也氏(山の考古学研究会会員)

○「太郎平小屋の移り変わり(仮)」
   11月12日(土) 10:00から11:00
   講師 五十嶋博文氏(太郎平小屋オーナー)

 ※関連講座は、資料館研修室にて開催。定員各30人。入館料必要。事前に資料館へお申込みください。

【問合せ】 富山市大山歴史民俗資料館 (詳細はこちら
       ℡076-481-1415 FAX 076-481-1417
スポンサーサイト

プロフィール

富山考古学会

Author:富山考古学会
1949年に設立。会の目的は、おもに富山県の考古学調査と研究、考古資料をはじめとする文化財の保存と継承、そして新人の指導。学会誌『大境』と連絡紙を発行。シンポジウムなどの研究活動、遺跡整備事業などに貢献。2008年、文部科学大臣表彰を受章。2011年、日本学術会議協力学術研究団体に指定。
※写真は氷見市大境洞窟(国史跡) [氷見市立博物館蔵]

最新記事

最新コメント

メールフォーム

富山考古学会および当ホームページにご意見や考古学情報をお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

富山の天気

FC2カウンター